グレートプレインズ 開封&ルール紹介

グレートプレインズ 開封&ルール紹介 post thumbnail image


2021年

人数:2人

時間:20分

年齢:10歳以上





こんにちは。こんばんは。aです。

今回は9月の新作「グレートプレインズ」の開封&ルール紹介です。

コンポーネントが少ないゲームなので開封レビューとルール紹介を1回で済ませてしまいます。


グレートプレインズは直訳すると大平原って意味ですね。

テーマ的には大昔の部族同士の土地争いといった感じで、動物の争いではないみたいです。

箱絵からキツネとヘビが戦うと思ってたんですが、その部族の象徴みたいなもののようです。


話は変わって、このゲームのデザイナーはあの「ウォーチェスト」を作った人です!

ウォーチェストは何を隠そう、私が大好きな2人用ゲームなのです。

どんな感じのゲームなのか全然情報入れていませんが、ウォーチェストのデザイナーってだけで否が応でも期待が高まります。

楽しみですねー。


あとこれ買ってから気付きましたがLookout Gamesの2人用シリーズでした。

サシプレイヤーとしては外せないシリーズでいくつも持っています。

何が良いって箱のサイズが小ぶりでかわいらしい。

収納にも困らないジャストサイズ!!


あとあと、このゲームのイラストはあのクレメンス・フランツさんでしたねー。

いやー、驚いた。

箱絵がかわいくて別の人だと思ってたからびっくりです。

こんな感じの絵でしたっけ?

黒縁ではっきりした絵しか描かない人かと思ってました。

こういう絵も描くんですね。


前置きが長くなってしまいました。


それでは開封いきましょう!





まずは箱裏。

早い!安い!うまい!みたいなのがあります。

2人用シリーズにいつも書いてあるやつです。

こういうキャッチコピーみたいなのあると伝わりやすくて良いですね。


そしてゲーム内容は写真を見るからには2人用の陣取りゲームでしょうね。





箱パカしたところです。

コンポーネントは非常にシンプル。





キツネ部族とヘビ部族の木ゴマです。

キツネもヘビも初めて見る形のコマです。





マップやらトークンやらのタイルシートが7枚。





4ページのルールブックが1冊。

表裏使って4ページですからホッチキスどめもありません。

ルールブックと言うよりルールペーパーです。

ルールが少なく子供と一緒に遊べそう。


コンポーネントは以上!

非常にシンプル。





続いてルール紹介に入っていきます。


まずは7枚のマップボードを並べてこんな形にします。

両面仕様ですし向きも決まりがないのでクルクル回転させれば、毎ゲーム違ったマップで遊べそうです。

キャッチコピー通りですねー。





マップは大きく分けて2種の地形で構成されています。


・山→部族コマを配置不可

・低地→部族コマを配置可





マップが出来たらキツネとヘビをプレイヤーに配ります。

次に両陣営、3個の洞窟タイルを順にマップへ1個ずつ配置していきます。

洞窟タイルはコマの出現地点です。





マップにある洞窟の上へ洞窟タイルを交互に置きます。





置き終わったらこんな感じです。

洞窟タイルは陣取りゲームのコマ出動ポイントとなるのでとても重要です。

すでに勝負は始まっている!!





手番でやる事


ひたすらコマを置いていくだけです。

それ以外やることはありません。

シンプル!


けど置く場所の選択肢は多いので結局悩むでしょうね。

コマ配置場所の条件


・自分の洞窟or自分のコマ の隣接空きマス

・低地(山は配置不可)


3個の洞窟タイルから繋げて1個ずつコマを交互に配置していく形でゲームは進行します。

隣接隣接でね。





けど、ただ隣接でずっと繋げていくだけでは面白くないですよね?

そこでコイツらの登場です!

マップ上にある「ウマ」「タカ」「クマ」の上にコマを配置するとそのトークンがもらえます。

そのトークンを使用すると、配置ルールを無視した特殊な方法でコマ配置ができちゃいます。





各3枚ずつあって使ったらサプライに戻る形です。

サプライに残っていればまたもらえるんですけど無ければもらえません。

つまり独占しちゃったりしてトークンの奪い合いが熱そうですよ!





ではトークンの効果を紹介します!


ウマ!

・低地マスを1個飛ばしてコマ配置


間に敵コマがあっても良いです。

山は飛ばせません。





タカ!

・山を直線で 1マス飛ばしてコマ配置


低地は飛ばせません。

直線だけです。





クマ!

・敵コマがいる場所に配置し直線上で追い出す(起点のコマから見て直線)


追い出す先にコマがある場合は使えません。

追い出す先が山かボード外だとそのコマはゲームから除外されます。





これらの能力を使って戦っていき、お互い全部のコマを置き切ったらゲーム終了となります。





では何を目標に戦うかというと「平原」のマジョリティを得ることです。


ゲーム終了時、マップにある各「平原」ごとでコマのマジョリティを確認し、勝者に勝利点が入るのです。


「平原」とは連続した草地で、草地マスの数がその平原の点数となります。


大きい平原ほど点数が高く重要というわけですね。

泉が付いている草地は追加で1点となります。





マジョリティを取った部族がその平原の点を総取りです!





泉があるから+1点。





コマが同数の場合は両部族とも0点です。





ルール紹介は以上になります。

ここまででお分かりと思いますが、運要素0のガチゲームとなっています。

見た目のかわいさと完全に反比例!

まだ未プレイなのでプレイ感とプレイレビューは別途サシプレイ記でお届けしようと思います。

では今回はこれにて終わります。

次回もよろしくお願いします!





駿河屋リンク





amazonリンク





楽天リンク

【2点5%・3点10%OFFクーポン対象】【送料無料】グレートプレインズ 日本語版
価格:3750円(税込、送料無料) (2021/9/11時点)楽天で購入





ホームに戻る