コアトル かんたんレビュー

コアトル かんたんレビュー post thumbnail image



2020年

人数:1〜4人

時間:30〜60分

年齢:10歳以上





こんにちは。こんばんは。aです。

今回は「コアトル」のかんたんレビューをお届けします!


箱のイラストが良いですよね。

グワッ!!と来て噛みつかれそうでワクワクします。

このゲーム、南米系ですよ。

ツォルキンとかテオティワカンとか良くボードゲームのテーマになりますよねー。

もちろん自分も大好きなテーマです。

アステカの像とか神殿とかって色鮮やかで見てると楽しいんですよね。

この「コアトル」もその名を持つ像を作っていくんですが、すっごくカラフルな像が出来あがります。

こんなカラフル像あるかーい!

ってツッコミたいところですが、じっくり見てると「あれ?なんかこんなのありそう・・」って妙にしっくり来ちゃうんですよね。

南米文化の懐の深さが垣間見えます。


ゲームのメインシステムはパターンビルディングとなっています。

「予言カード」のパターン通りに「コアトル像」を組み上げると得点になり、その得点数で競うゲームです。





セットアップ後の写真です。

写真中央にコアトル像のパーツがあり、ここからパーツを取ります。

そして両脇のカード類が像のお題となる予言カードと神殿カードです。





コアトル像はこんな感じで何個かのパーツで出来ています。

パーツは樹脂製です。





パーツを分類すると頭、胴、尻尾の3種類で成り立っています。

1体のコアトル像に頭と尻尾は必ず1個ずつですが、胴の数は1個以上あればいくつでも構いません。

各パーツの色は赤青黄緑黒の5種類があります。





ちなみに裏はスッカスカ!

大人の事情がうかがえます。





各パーツのストックはそれぞれかわいい袋に入ります。

全部ガラが違うんです。

こういうの嬉しいですよねー。





手番でやる事


下記3択です。


・パーツを取る

・予言カードを取る

・コアトル像の組み立て





・パーツを取る


円形のボードからパーツを取っていきます。

胴はたくさん出ていますが、頭と尻尾は少ないです。

パーツの補充はボードからパーツが無くなった時なので、目当ての色と種類を取るのは結構大変です。


パーツを補充して欲しいけど今残っているパーツは取りたくない。

「残ってるあのパーツ早く引きとってよ!」

ってなすりつけ合いが始まります。





取ってきたパーツは個人ボードに最大8個まで入ります。

捨てられないので取りすぎに注意!





・予言カードを取る

場に6枚並んでいるカードから好きなものを入手して手札とします。

手持ちは最大5枚です。





カードの上にセット数と点数がかいてあり

カードの下にパーツのパターンが書いてあります。

獲得した予言カードとパーツと、2つを相手ににらめっこしながらコアトル像を作っていきます。


予言カードの内訳は何種類かのパターンが全色分あるというイメージです。





・コアトル像の組み立て


獲得したパーツを使ってコアトル像を組み立てていきます。

1手番で好きな数のパーツを組めます。


頭、胴、尻尾の3種類のパーツが付いた時点でその像は完成となります。


組み立て開始のパーツは頭でも胴でも尻尾でも良いですが、パーツを組むときには下記の制約があります。


・完成した像へはパーツを追加できない

・パーツとパーツの間には追加できない(左右両端へ組んでいく)





上の写真の予言カード通りにコアトル像を作るとこんな感じ。

予言カードのパターン絵には胴しか描かれていませんが、頭でも尻尾でも代用可です。





2セットで6点となります。





更に黄パーツが加点となるこのカードを追加すると・・・





こんな風に重複して加点となります。

予言カードをこうやってコアトル像の横にプレイして割り当てることで得点が発生します。

1体のコアトル像で4枚まで割り当てられるので、いかに効率よく得点を稼ぐパターンを作ることができるか?

ここが考えどころとなっています。





更に完成したコアトル像には「神殿カード」が1枚割り当て可能です。

こらもカード下部の条件を満たすと加点となります。

条件1個クリア→3点

条件2個クリア→7点


写真の条件は

・青パーツを使っていない

・パーツ数10個

です。





こんな感じで作ったコアトル像へカードを割り当てて得点を稼いでいきます。


ただそう上手いこといくわけもないんですよ。

欲しいパーツやカードが取れなかったりして第2案、第3案と繰り下がっていっちゃいます!

組み立て始めの予定から崩れ出して完成形は全然違って「あれ?どちら様ですか?」となりますよ!





ゲーム終了条件


獲得する胴パーツが無くなるか、3体のコアトル像を完成させたプレイヤーが出たらゲーム終了です。

カードを確認してコアトル像1体ずつの得点を計算していくんですが、ここで非常に面白いルールがあります。


なんと!未完成のコアトル像は得点が半分になっちゃいます!

だから他プレイヤーの様子を見ながらコアトル像をどこまで長くするかを見極めが必要です。

逆に長〜くコアトル像を作っているプレイヤーがいたらさっさと早上がりして得点を半分にしてあげましょう。


「まだまだゲーム続くよね?」

「うん!続くよ!」(次で終わらせます)





最後に、1個気になるところはコアトル像組み立て時のダウンタイムです。

1アクションでパーツを何個でも組み付けられるから選択肢が非常に多くなり、どうしても時間がかかってしまいます。

組み付けの数は1アクションでパーツ◯個までとか、何らかの制限でダウンタイムを減らして欲しかったなと思います。

でも大体「組み立てやるから先進めといて」ってなりますけどね。


欠点はあるものの、見た目鮮やかでパーツも手触り良くカチャカチャやってると楽しいゲームです。

ルールもかんたんで取った取られた、ゲームを終わらせられた!も楽しめるのでボドゲ初心者の入門にもってこいのゲームではないでしょうか。

身近なあの人をボドゲ沼に引きずり込むチャンスですよ!

機会があればぜひ遊んでみてください!





駿河屋リンク





amazonリンク





楽天リンク

【新品】ボードゲーム コアトル 日本語版 (Coatl)
価格:3120円(税込、送料別) (2021/9/4時点)楽天で購入





ホームに戻る