ストーンデイズ かんたんレビュー

ストーンデイズ かんたんレビュー post thumbnail image



2018年

人数:2~6人

時間:60分

年齢:10歳以上




こんにちは。こんばんは。aです。

今回はかんたんレビューの第3弾!

「ストーンデイズ」の紹介です!


このストーンデイズ、何がすごいってとにかくコンポーネントが豪華なんですよ。

ここまでしなくてもって思うくらい細部までこだわって作られていて、作者のボードゲーム愛がビシビシ伝わってきます。

雰囲気重視派の自分も大満足の完成度です!


コンポーネントを紹介していく前にゲームの概要を。

ストーンデイズは石器時代が舞台のゲームで、ある部族と部族が土地を巡って争っているという設定です。

プレイヤーはどちらかの部族を担当し、将棋のように盤面へ部族コマを並べて移動やアクションを行います。

プレイ人数はルール上6人までとなっていますが無理矢理分割しているだけで実質は2人用です。





さ!次はコンポーネントです!

どうですかこれ!

木コマで全てプリント付き!

しかも全員違う顔!!

豪華すぎて震えてきます。





マンモスも棍棒も全部木製です!





この岩も木製ですよ!!

こういうのは大体紙製のタイルになってるのが一般的ですよね。

信じられない!





ざっとセットアップするとこんな感じ。

いやー、豪華!!

雰囲気最高です。





かんたんにルールを紹介します。

ゲームの目的は相手陣地の最奥、赤で囲ったマスへ自分の部族コマを到達させることです。

先に最奥へ到達させたプレイヤーが勝者となります。





1ラウンドの流れ


1ラウンドは下記のような流れになります。


1.移動のプログラム

2.棍棒を投げる

3.移動の実行





1.移動のプログラム


各部族コマごとに用意されている移動パネルを使って移動先を予約します。

写真の黒い◯はマグネットになっていてパネルに張り付いています。

そのマグネットを井のどこに置くかで8方向の移動先を決定します。

移動したくない時は井の中央へ◯を配置です。





こんな風に全員分を予約します。





2.棍棒を投げる

各部族コマの現在位置から棍棒を投げます!

棍棒は基本的な攻撃手段で相手部族へヒットするとダメージを与えます。





棍棒の射程はその部族コマから見て前方の3×6マスとかなり広いです。





各プレイヤー棍棒を同時に置いていきます。

置く際に細かいルールがありますが省きます。





3.移動の実行


「1.移動のプログラム」で予約した通りの移動先にコマを動かします。

そして移動先に敵の棍棒が置いてあればダメージを受けます。

たんこぶを部族コマの頭に付けます!

これは1ダメージを受けたことになり、2ダメージ目を受けたコマはゲームから除外されます。





これが 1ラウンドの流れです。

・敵の棍棒が飛んでこないマスを予測して移動をプログラム

・敵が移動してくるマスを予測して棍棒を投げる

・そして答え合わせ

という流れとなっています





これを繰り返し冒頭に書いたように相手の陣地最奥へ到達すれば勝利です!





一見、将棋やチェスのようですが何手も先を読むガチガチのゲームではありません。

上記ルールを見てもらえばわかるように棍棒が当たるかどうかは運の要素が大きいです。

ただ完全に運任せっていう訳でもなく安全地帯や移動の制限があるので、ある程度は移動先に予測が立ちます。

それらを元にした移動先の読み合い差し合いは熱いです!

読み合いを盛り上げる特殊能力である「スキル」も各部族コマに用意されています。


あと、ゲームの勝利目標が敵陣地突破てのが面白いです。

長射程の棍棒が飛びかう中をかいくぐり仲間を犠牲にしながら、なんとか1人を敵陣地に送り込めば勝利です。

ラグビーみたいですよね。

ルールも簡単で事前に覚えることも少ないのですぐに楽しめると思います。

機会があればぜひ遊んでみてください!


今回は以上になります。

ありがとうございました!

暑くなってきましたので熱中症にお気を付け下さい。

マスクしてると水分を失っていることに気づきにくいって言いますからね!

では、さようなら!





ホームに戻る