ホイッスルマウンテン サシプレイ記

ホイッスルマウンテン サシプレイ記 post thumbnail image


2020年

人数:2~4人

時間:90分

年齢:14歳以上





こんにちは。こんばんは。aです。


前回のルール紹介からしばらく空いてしまいましたが、今回はホイッスルマウンテンのサシプレイ記をお届けします。


ホイッスルマウンテンは何度か遊びましたけど、ほんと独特なプレイ感です。

パズルしつつそこがアクションスペースになる。

更に配置されたタイルは誰でも使えるっていうのがパズルの難しさを2倍にしてくれます。

私には初めての経験でした。

他に似たゲームがあるんですかね?

まあ、とにかく私には斬新でした。

今回はその辺のプレイ感をお届けできればな、と思います。

では





ゲームスタート!!





2021年4月某日

a対yのサシプレイ





セットアップ

タイルも資源も種類が多いからセットアップは大変です。

こうやって見るとお皿いっぱい出ていますね。





ジャンケンでスタートプレイヤーはyに決定!





次に後手番のプレイヤーから初期アビリティを選択していきます。

プレイ人数+1個のタイルがランダムに出ます。


・エアロノート

気球を配置した時に斜めも隣接とみなす


足場から資源の獲得やマシーンの発動に便利です。

通常は縦横だけです。



・アーキテクト

足場建設で2点以上入った時、追加の2点を得る


足場建設で2点入らないなんて事はレアケース。

よって足場建設した数×2点が見込めます。

なかなか良いんじゃないでしょうか。



・アドミラル

マシーン建設時に効果を発動できる


これも良いですね。

マシーンを建設していきたいからこれにしときますかー。





ガチャっと個人ボードへ装着!





yはアーキテクトを装着!





初期の足場を置いたらセットアップ完了です。





ゲーム開始

さ、まずはカードをもらっときましょう。

1手番に1枚使えるお助けカードです。

これを上手く使えるかが運命を左右すると言っても過言ではありません。





資源2個払って3枚引きします。

ラージマシーン、アップグレード、スモールマシーン、がそれぞれもらえます。

どのカードも使うには資源が必要ですねー。

始めはコストのいらないもっと軽い効果が良かったんですけどね。

使うのはしばらく後にします。





yがアップグレードをゲット。

マシーンを購入したらカードが1枚もらえる能力です。

良いじゃないの!それ!





地道に資源を集めます。

飛行船大は隣接するマスが多くなるから、資源集めの主力です。





yはスモールマシーンを買って、さっきの能力でカードもゲット。


早速能力を使って、上手く周ってる感あるなー。





yの次手番。

フォージで飛行船を回収後、足場を建設です。

3辺隣接で3点入ります。





初期アビリティのアーキテクトが発動で合計5点!

3点が5点になるってすごいお得感。

こっちの能力にしておくべきだったか・・・?





さて、飛行船を全部使ってしまったので自分もフォージします。

飛行船よ!

帰ってこい!!





足場1個だけ建ててミープルを移動しときます。

ほんとは建設回数上限の3個建てたいけど、建てるものを持っていないんです。

買う資源がない!!





直後、yの手番。

ちょうど良い隙間に入られてしまった!

ぐぅっ、辺な形に足場を置いたせいで資源を全部持っていかれた!





ならば!

第2案でこっちだ!

とにかくホイッスルが欲しいです。

足場買うコストになっているし他資源の代用になるオールマイティーだしで大人気な資源です。





何手番か使って資源集めましたが、序盤はなかなか集まらないです。





ためたホイッスルを使って足場を爆買いします。

手番圧縮のために1回でたくさん買いたいですよね!





そろそろカードも使いましょう。

資源なんでも良いんで、余っている水を払ってアップグレードを取ります。





効果 「足場払ってミープル移動」(1手番に1回)


これを使えば1手番に2回ミープルを移動できるようになります。(通常アクションで1回+この効果で1回)

1手番に2回ってのが重要なんですよ、ふっふっふ。





yの手番。

ミープルを潰す位置にマシーンを建て、ミープルをタワーへ送ります!





タワーの低い位置だから勝利点も低いけど、アワードを取られた!





ならば自分はタワーの上を目指してやるぜ!

上へ伸ばすと足場の隣接する辺が少なくなるから勝利点が安い!

2個置いてたった4点!

ぐふぅっ!

耐えるんだ!

タワー点で最後に補える!





上を目指す!





そしてこいつも使ってやる!





ミープル2個置きだー!


2個置きすると高い位置を独占できるんです!





更にカードも使う!

スモールマシーンを買います。





そしてそいつを即、建てる!

6点のアワードをゲット!





更に更に!

初期アビリティ発動でスモールマシーンの効果も得る!

今回は1石炭と1鉄をゲット!



カードとアワードは1手番に1個ずつ使えます。

これらをいかに活用するかが重要です。





次の手番。

マシーンが建ち出すと獲得できる資源が増えてゲームが加速していきます。

こんな風に1回で5個とか入ってきます。

ウハウハ!





そうなってくると手を出すマシーンも大きくなっていきます。





マシーンが橋の上に飛び出たので、水位が上がり出しました。

あぁ、1番下のマシーンが水没しちゃいました。

逃げろー!溺れるぞー!





次の手番。

ミディアムマシーンを建てて一気に2人送りだ!





次の手番。

ついにラージマシーンを購入しました!

ルールチェンジ効果→ホイッスルがオールマイティーじゃなくなる

これを建てて場を荒らしてやるぜー!





ゲームは中盤を超えたあたりです。

現時点での勝利点を見てみましょう。


a

22点





y

43点


yよりマシーンを建てた数が少なく更に足場点も毎回差がつくので、それらがそのまま点差となっています。

マズイ展開です。





次の手番。

ラージマシーンを建てるため、広ーーく足場を準備します。

大型マシーンは置き場の足場準備が大変です。

ミープルもちゃんと置いて





ラージマシーン建設!

この瞬間!

ホイッスルがワイルドではなくなりました!

さあ!ゲームがわちゃわちゃしてまいりました!

ラージマシーンのルールチェンジがこのゲームの醍醐味!





次の手番でまたアップグレードを買います。

金がオールマイティーになる効果です。

ホイッスルがオールマイティーじゃなくなっちゃったからね!


でもゲームも終盤だし今更だったかなー。

ついてる勝利点も低いし。





yの手番。

yもラージマシーンを建設!

しかもタワー最上段に2人送り!

ぐぐぐ、いつも1歩先を行かれているな。


自分もタワー最上段にミープルを送るぞ!





yが更にラージマシーンを購入!

やばい、まだやる気か・・・?





まんまと建てられ一気に27点を持ってかれた!





ミープルも残り1人となりました。

これが無くなればゲーム終了です。





足場を建てて





ミープルを送って





これで終了トリガーが引かれました。





ミディアムマシーンでタワー最上段に2人送ります。





この後、最後の手番がありましたが大したこともできずゲーム終了となりました。


決算前の勝利点はこんな感じです。


a

80点





y

111点


・・・・・・いや、まだだ!

まだ勝負は決まっていない!決算がある!

奇跡よ!!起きろ!!





決算


タワー





a

64点





y

54点





プール

共に-5点





アップグレード


a

5点





y

12点





最終得点


a

145点





y

174点





奇跡起きず!

タワー点が多かったのでもしや?と思いましたけどさすがに無理でしたね。

最初に30点差でしたからね。


敗因は下記と見ます。

・yはアップグレード効果でカードを多く得ていた

・初期アビリティの足場建設ボーナス点


一方で自分は思ったほどマシーンが買えず、初期アビリティを活用できませんでした。

もっと安いマシーンを多く買って資源を繋ぐべきでした。

それに足場建設で無理に上を目指したのもダメでしたね。

足場点が少なすぎました。

反省反省。





個人的レビュー


a 8/10点

コンポーネント

イラストは好きなタイプです。

淡いけど線がしっかりしているっていうんですかね?

ポップな感じが良いです。

飛行船コマも大きくて存在感と重みが十分にあります。

重みのあるコマを動かすとボードゲームしてるぜ!って感じがします。


水位タイルの存在も良いですね。

これはゲームシステム面から重要なものなのですが、下から水が上がってくることが見た目でも良く表現出来ています。

ああーー!水没するぞー!っていう恐怖がちゃんと感じられるんですよね。


ゲームシステム

冒頭にも書きましたが、タイル配置のパズルでアクションスペースが作られていくことが斬新すぎます。

普通のタイル配置ゲームだと配置後の情報がゲームに影響を与えるのであって、配置済みのタイル自体は役目を終えています。

そこにアクションスペースという新たな価値を作り出したアイデアがすごいと思います。

そしてそのアクションスペースはいつまでもあるわけではなく、時間と共に水没して消えていきます。

ワーカープレイスメントらしく、やりたい放題出来ないようにちゃんと締めてもあるんですよね。

タイル配置ゲームに新たな方向性が生まれたのではないでしょうか?


次にマシーンです。

スモール、ミディアム、ラージとあってコストと建設難易度もそのままです。

コストの低いスモールは資源が入手でき、コストの高いラージはルール自体が変更されたりとはちゃめちゃな効果です。

コストと効果が階段式に上がっていくのが良いですね。

ゲームの進行と共に効果も派手になって盛り上がります。


あとはタワーですね。

アクションスペースが変化したり特殊効果が飛び交ったりルールが変わったりとわちゃわちゃしたゲームです。

計画的に進行していく事はほぼ無理と思います。

そのわちゃわちゃした中でどうやってミープルをタワーのてっぺんへ送り込むかを考えるのが楽しいですね。

タイミングを見計らった狙いすました一発が撃てると最高です。

下手するとミープルを置いたものの、他プレイヤーのマシーン配置でタワーへの送りを妨害されたりしますからね。

タワー最上段付近でのそういった駆け引きも熱いです。


プレイ人数

わちゃわちゃ系の宿命なのか、人数が多いほどわちゃわちゃ度がアップします。

人数少ないほど予想外の展開は少なくなります。

だからプレイ人数はお好みですかねー。

サシプレイでも気になる点はなく、十分楽しめました。


プレイアビリティ

初期アビリティ、マシーン、アップグレード、各種タイルは種類が多いです。

1回のゲームで全て出尽くす事はないでしょう。

ただでさえ多いのにそれぞれの組み合わせを試しだしたら何回も遊べそうです。


マイナス点

ゲーム中は何をやっても勝利点につながります。

それがゲーム全体をボヤッとさせている気がしますね。

勝利点要素はタワーとマシーンくらいにしといた方がプレイヤー同士の思惑がぶつかり合うシャープでヒリヒリするゲームになったのではないかな?と思います。

ほんわか遊びたいかヒリヒリ遊びたいか、好みの範囲ですけどね。


あとはラージマシーンの効果がユニークすぎてアイコンだけでは伝わらない点です。

アイコンだけでは意味不明なので新しいラージマシーンが出るたびにルールブックを見なければなりません。

テキストを出来るだけ排除しようという気遣いはありがたいですけど、ここは無理せず多少のテキストは入れて欲しかったです。


まとめ

中量級のタイル配置アクションスペース作りワーカープレイスメントとなっていました。

最近主流の選択肢が多すぎて何すればいいの?っていう感じではなく、やることは明確でサクサク進んでいきます。

取っつきやすいゲームなので機会があれば遊んでみてください。





y 9/10点

飛行船置く時にたくさん資源もらえる位置を見つけるのが楽しい。





ホームに戻る