ホイッスルマウンテン ルール紹介

ホイッスルマウンテン ルール紹介 post thumbnail image



2020年

人数:2〜4人

時間:90分

年齢:14歳以上





こんにちは。こんばんは。aです。

最近は国内で新作ボードゲームの発表と発売が多く、個人的にざわついています。

また色々買っちゃうんだろうなー。

ほんと、紹介が追いつきませんよ・・・





さて、今回はホイッスルマウンテンのルール紹介です。


1度遊びましたけど、海外で評価が高いのも納得の出来でした。

タイル配置でパズルしつつ、その配置したタイル自体がワーカーを置くアクションスペースになっているというのが特徴的でした。

過去に同じシステムがあるのかな?

自分は初めての体験でした。

よくこんな面白いこと考えつきますよねー。

デザイナーの頭の中がどうなってるのか見てみたいです。


では早速、ルール紹介していきます。





セットアップ


ざざざっとコンポーネントを並べ終わったところの写真です。

ゲーム中はごちゃごちゃしますけど、こうやって開始前の写真を見るとスッキリしてますね。





まずはスタートプレイヤーを決めます。

これがスタPマーカーです。

ナガネギマンみたい。

どうしてこれがスタPマーカーなのかは謎です。

なんでマスク??

飛行船、西部開拓時代、ロッキー山脈、このゲームのテーマであるどれかに関係あるのかな?





さて、各プレイヤーは個人ボードと3種の飛行船を受け取ります。

飛行船の大、小、気球の3つです。

これがいわゆるワーカーになります。





個人ボードにある凹みにセットします。

ここが飛び立つ前のドックという訳です。





次に資源を1個ずつもらってストレージに入れます。

木コマ最高!

資源は写真の上から水、鉄、金、石炭、ホイッスル、の5種です。

各資源4個までしかストレージに入りません。

ホイッスルは他資源のワイルドとしても使えます。


コマがピカピカでかっこいいです。





次にミープルをもらいます。

バラックにある足場へ7個を縦に並べ、残り2個はプールで泳がせます。


一応ゲーム内の名称は「ワーカー」なんですけど、ルール的に全く働かないんでミープルと称します。





次に後手番順に初期アビリティを選択します。

固有の特殊能力でゲーム中の指針、とまではいきませんが色々とゲーム中の行動が便利になります。





個人ボード右辺にカポッとはめ込みます。





次はスタートプレイヤーから順に足場タイルを2個取ります。

足場タイルはテトリス型で3種類あります。





2枚のうち1枚はグリッド上の水に接するように配置します。

これが1番下の土台になって、手番順に他のプレイヤーも同様に1枚ずつ配置していきます。





2枚とった内、残りのもう1枚は手持ちとなります。


これでやっとセットアップ完了です!





ゲームの流れ


スタートプレイヤーから順にアクションを実行していきます。

ゲーム終了トリガー制で、トリガーが引かれたらそのラウンドと追加の 1ラウンドを行いゲーム終了となります。

と言ってもラウンド終わりの処理とかはないので、手番順も変わらなくてずっとぐるぐる回り続けるタイプです。





手番でやること


実行するアクションは個人ボードにサマリーがあります。

実行できるアクションは大きく分けて2つ、「コレクト」or「フォージ」です。





コレクト


コレクトは手持ちのワーカーである飛行船を各アクションスペースへ配置して利益を得ます。


アクションスペースは下記3種類あります。


メインボードのドック

グリッドの上

マシーンの上


1個ずつ見ていきます。





メインボードのドック

個人ボードと同様にメインボードにもドックがあります。





そこへ飛行船を着陸させ、アクションを実行します。

いわゆるアクションスペースです。

飛行船が着陸済みのドックは使用できません。


上の写真のアクションは足場タイルの購入です。


足場タイル1個→コストなし

足場タイル2個→ホイッスル1個支払い

足場タイル3個→ホイッスル2個支払い


購入した足場タイルは一旦手持ちとなって、配置は別のアクションです。





ここはアップグレードを買うアクションです。





アップグレードの内容は永続効果を得たり、フリーアクションを得たり、色々です。

コストは買う時のコストです。

ゲーム終了時勝利点のおまけ付き!





買ったら個人ボードにガチャっと装着します!

最大6個まで買えます。





ここはカードを買う場所です。

カードを山から引いて手札とします。

任意の資源を1個、2個支払えばカードを引ける数が増えます。





手札となったカードは1手番で1枚だけ使用できます。

内容は即時効果で、使ったカードは捨て札となります。

こんな感じの◯◯を支払って◯◯をもらうという内容が多いです。

1アクション分の手番が浮くような内容が多いですかねー。





ここはスモールマシーンを買う場所です。

ドックは2個ありますが、着けるドックによってコストが違っています。





購入したマシーンは足場タイルと同じく手持ちになります。





ミディアムマシーンを買う場所です。





ラージマシーンを買う場所です。


マシーンの大きさはコスト、勝利点、発動効果が違ってきます。

詳細は後述で。





最後にここのドックは救出アクションを実行する場所です。





救出アクションとはプールで溺れているミープルを拾い上げることです。

溺れたままにしておくとゲーム終了時、ミープル1個につき-5点となりますからねー。





グリッドの上


次の着陸場所はメインボードのグリッド上です。

下の写真のようにグリッド上へ直接飛行船を配置します。

この飛行船大の寸法は長さ3マス幅 1マスです。





これを配置すると、隣接したアイコンから資源を獲得できます。

このように配置すると金、ホイッスル、水、が1個ずつもらえます。

足場や水のタイル上には配置できません。

グリッド上へ直接です。





足場や水タイル以外にマシーンからも利益を得ることができます。

こんな風にマシーンが置いてあったとしましょう。





そこへ隣接して飛行船を置くと、その効果を発動することができます。

上記の場合は1金、1鉄、1ホイッスル、1水、がもらえます。





マシーンの上


次の飛行船配置場所はマシーンの上です。

さっきの例はマシーンに隣接して飛行船を置きましたが、マシーンの上に置くこともできます。

潰したマシーンと隣接した足場の資源を獲得できます。

更にマシーンにも隣接していれば、もちろんそれも発動します。





ただし!

マシーンからはみ出して置くのはダメです!

2つのマシーンにまたがるのもダメです。


飛行船をワーカーとして使うコレクトの説明は以上です。

飛行船は3個しかありません。

コレクトを3回やったらすっからかんという訳です。

その後どうするのか?

次に紹介するもう1つのアクション「フォージ」を実行します。





フォージ


フォージを実行すると、まずは飛び立っていった飛行船を全て個人ボードのドックへ回収します。

これでまたコレクトできるようになりますね。





そして次に下記を好きな順で実行できます。


3回まで→足場、マシーンの建設 (2回目3回目はコスト:1水)

1回まで→ミープルの移動 (コスト:1金) or ミープルの救出 (コスト:2金)


足場建設→足場建設→ミープル移動→マシーン建設





足場、マシーンの建設

手持ちの足場タイルかマシーンを1個建設します。





足場タイル


足場タイルはグリッド上へ配置します。

他のタイル上はダメです。

配置時に制限があります。

既存の足場タイルに最低1辺が隣接するように配置しなければなりません。





配置すると、既存の足場に隣接した辺の数×1点が得られます。

こんな感じです。





マシーン


マシーンは足場タイルの上に置きます。

グリッド上へ直接置いてはいけません。

足場タイルの間に隙間があってもダメです。





配置すると、マシーンに書かれた勝利点などを得ます。


配置されたマシーンは誰のものでもありません。

配置済みマシーンは以降、だれでも「コレクト」でそのマシーンを発動させることができます。





ミープルの移動

バラックにいる自分のミープルを足場タイル上へ移動させるアクションです。

下から順に取りましょう。





こんな風に足場の何も書いていないスペースに配置します。

資源が書いてある場所はダメです。


これで終わりです。

ミープルに隣接した資源がもらえたりとかはありません。





ミープルの救出

プールで溺れているミープルを同じく足場タイル上へ移動させます。

これもこれで終わりです。


ミープルの移動、救出は1手番でどちらか1回だけです。

ミープルを足場に置いても何かがもらえるわけではありません。

何のために移動させるか?

不思議ですよね。

答えは下記です。





足場に乗っているミープルを潰すようにマシーンが建設された時





潰れたミープルはそのままの高さでよっこいしょ、と右にずらします。





高さを維持したまま右の端までスイーッとスライドさせます。





そのままグリッド外にあるタワーに乗っかります。

すると、ゲーム終了時に送り込んだミープル×タワーの点が入るというわけです。


さらにタワーの各段へ最初にミープルを送り込んだプレイヤーはアワード(リボン)をもらえます。

これはカードと同じで1手番に1個だけ使える即時効果となっています。

何かがもらえたりアクションできたり、色々です。





そしてタワーの勝利点は上に行くほど高く、最高で10点です。

ミープルを送り込む数に制限はありません。

高い位置にミープルをたくさん送り込むことが目的の1つですね。


手番に実行するアクションは以上になります。





プールの水位上昇


では次に、どうやってゲームが終了に向かっていくかというと、プールの水位が関係しています。

グリッド上、橋より上にマシーンが建設されるたびに最下段のプールから水タイルが 1マス登ってきます。





こんな感じ。

そして水位が上がってくると色々困ることがあるわけで。





まずは足場やマシーンの上に水タイルがのっかり、水没します。

当然ですが水没したタイルは使用できません。

マシーンも一部が水没すると発動しなくなります。

そりゃ水没したら機械は壊れちゃいますよね。





次にバラックに並んでいるミープルも水没します。

水タイルで潰されたミープルは





そう!

プールへドッボーン!


こうやってマシーンが橋上に建設されるたび、次々とプールへ飛び込んできます。

そうならないように早めにバラックから移動させましょう!


けど早目に移動させると足場が低いからミープルは勝利点の低いタワーの下段に入ってしまう。

上段を狙うとプールにドボンするリスクが高まる。

うーん、どうすりゃいいんだ!!





ゲーム終了条件

バラックから全部のミープル(ワーカー)がいなくなることが、ゲーム終了のトリガーです。


水位の上昇で自動的にプールへ落とされるか、全プレイヤーが自らミープルの移動でバラックから除去するか、です。


終了トリガーが引かれたラウンドに追加でもう1ラウンドをプレイしてゲーム終了です。





最終決算


ゲーム終了時の決算内容です。


ゲーム中の勝利点

足場とマシーンの建設がメインであとはマシーン発動やカードやアワードからちょびっと入ります。





タワー

タワーの各段を確認して自分のミープル×勝利点が入ります。

できるだけ上段を目指したいですね!





プール

プールで溺れているミープル×-5点です。


すまない!助ける暇がなかったんだ!





アップグレード

購入済みアップグレードの素点を足します。





最後は手持ちに残った足場タイルやマシーンやカードや資源から勝利点を得ます。

2個で1点とか、おまけの範囲です。





ゲームのルールは以上になります。

最後にマシーンやアップグレードの効果を少し紹介して終わりにしようと思います。





各種タイルの紹介


スモールマシーン

スモールマシーンの発動効果は表示の資源や勝利点をもらうだけです。

説明するまでもないですね。





ミディアムマシーン


ミディアムからは何かしらのアクション効果も登場してきます。

写真左から


石炭支払い→ミープル救出


水、金支払い→ミープルの移動、建設


マシーンの発動効果は基本1回だけです。

1回で石炭3個払って3回救出、はできません。





ラージマシーン


ラージマシーンはルール自体が上書きされたり、キワモノぞろいです。

建設時と発動時で別のことが起こるものが多いです。

写真左から①②とします。


建設時

好きな資源をサプライからこのマシーン上に1個置く

その資源がワイルドになる


発動時

サプライから1個資源を取って、マシーン上の資源と入れ替える

新たな資源がワイルドになる



建設時

2資源を得る

ホイッスルがワイルドではなくなる


発動時

1ホイッスルを任意の2資源へ変換


ラージマシーンが建設されるゲーム中盤以降はルール上書きもあり、わちゃわちゃします!





アップグレード


アップグレードは永続効果やフリーアクションができるようになったりいろんな効果があります。

効果を得るのは購入したプレイヤーだけです。

写真左から


鉄がワイルドになる


ホイッスル支払い→カードゲット

(1手番に1回)





初期アビリティ


初期アビリティもバラエティ豊かで色々あります。

写真左から


アップグレード購入時にマシーンを1個発動できる

(建設済み、自分の手持ち問わず)


飛行船を足場タイル上に配置できる

(2個の足場タイルに渡ってはダメ)





紹介した効果はほんの一部です。

そんなことできるの!?

っていうド派手な効果が飛び交うゲームになっています。

効果の表記は全てアイコン化されていますが、特殊な効果が多いので初めての効果は都度確認する必要がありますね。

種類が多いのは嬉しいですが、覚えるまではテンポが悪そうです。






今回はこれで終わります。

ありがとうございました!

次回もお楽しみに!





ホームに戻る