フォッシリス 開封レビュー

フォッシリス 開封レビュー post thumbnail image



2020年

人数:2〜5人

時間:45分

年齢:8歳以上





明けましておめでとうございます!

aです。


みなさん年末年始はゆっくりできましたか?

私はコロナの影響で例年より休暇が長くて十分すぎるほどゆっくりできました。

休み多くてもどこにも行けないから完全に持て余しちゃいましたけどね。

その分しっかり充電できたので2021年はスタートからバリバリやっていきますよ!

今年も「aのボードゲーム サシ日記」をよろしくお願いします!


さて、2021年の投稿1発目は「フォッシリス」です!

これね、ずーっと欲しくて待ちに待ったゲームです。

なんでかと言うと!

恐竜の化石を発掘できるんです!

恐竜の化石を嫌いな人なんてこの世にいませんからね。

そしてこの「フォッシリス」はトークンやトレイなどのコンポーネントで化石の発掘が実に上手く再現されているんですよ!!

化石、恐竜、発掘、もうロマンの塊です。

いやー、もう楽しみすぎます。


ちなみに私が買ったのはリテイル版です。



では、さっそくコンポーネントを見ていきましょう!

開封レビュー、スタートです!!





まずは箱裏からです。

イラストがポップな感じだしカラフルだしで私は好きなタイプです。

箱裏の左下に発掘現場が写っていますね。

これを組み上げるのが楽しみです。





次は箱を開けたところです。

まずはルールブックがこんにちは。





恐竜のイラストはリアル系ではなくかわいい系です。

でも、かわいい全振りではなくてリアル寄りのかわいい系です。

かわいい系に振りすぎていないのが良いんです。

分かります?

ちょうど良い塩梅です。

目だけがかわいいんです。





   

ルールブックの中身もカラフルで区切りがよく分かって読みやすいです。

そして写真も付いていて理解が早くなり助かります。

文章だけがずらーっと並んでいるルールブックは頭クラクラします。





ルールブックの下からはボードとタイルが出てきました。

ボードが傷つかないようビニール袋に入っています。

こういう心遣いが嬉しいですよね。





厚紙タイルはこの1枚だけでした。





これは全体ボードですね。

折りたたみでもなく小さいボードです。





その下からようやく出てきました!





かっこいい!

箱絵と同じ頭蓋骨がかたどられた樹脂製の大きな蓋です。

使い方は後述します。





そしてその下から出たのはたくさんの地形タイルです!

砂、粘土、石の3種類があります。





重めの樹脂製です。

ポーカーチップほどの重さはありませんが、タイル同士がぶつかった時にカチャカチャ鳴ります。

ちょっと高級感があるかな??


あと地形タイルの絵はシールではなくプリントです。





そして出ました!

我らが発掘現場!!

ここで発掘という名のドラマが繰り広げられるんですね!

結構深めの穴が25マス彫られています。





そして主役の骨たち!

軽くて硬めの樹脂です。

小さいので無くさないように気を付けます。

それぞれ多少は予備が入っていました。





左上から頭蓋骨、腰骨、肋骨、肢骨、歯、ハンマー、です。

ハンマーは骨ではないんですけど、事情があって骨と同じ分類になります。





さっそく発掘現場を作ってみます!

これら骨を発掘現場にばらまいて





さっきの蓋をして軽く上下に振って混ぜます!

蓋と発掘現場の間に少し隙間があって、振ると骨がマス間を少し移動するんです。

振りすぎると隙間から骨が発射されるから要注意!





で、その上に地形タイルを積み重ねると・・

完成!

発!掘!現!場!





ゲーム中に地形タイルをどかすと

底から骨がチラッと出てくる訳ですな!

うーん!

たまりませんよ、これは!


けどさっき言ったように結構穴が深いし狭いんです。

成人男性の指の太さで骨を取り出すのは難しいでしょう。

じゃーどうやって取るかって??

ふっふっふー。

ご安心あれ!こいつが付属しているのさ!





ピ!ン!セ!ッ!ト!

骨をピンセットで取り出す様は正に考古学者!


ちなみにピンセットは見た通りの樹脂製です。

金属ではありません。





あとは木コマ類と





小さい個人ボードと





そうそう、個人ボードの裏側がかわっていました。

滑り止め加工みたいな見た目になっています。

滑り止めにはなっていませんけどね。

見た目だけです。





最後にカード類です。

恐竜カードがでかいです。

もう1つの主役ですからこれくらい大きくないとね。

左側のカードはよくあるサイズのカードです。





という訳で開封レビューは以上になります。

いやー、とにかくコンポーネントの出来が素晴らしいです。

早く骨を発掘したい!

次回は細かなルール紹介を投稿しますのでまたチェックしてください!


ではさようなら!

シーユー!

ありがとうございました!






ホームに戻る