世界の七不思議デュエル アゴラ ルール紹介

世界の七不思議デュエル アゴラ ルール紹介 post thumbnail image



2020年

人数:2人

時間:30分

年齢:10歳





こんにちは。こんばんは。aです。

今回は世界の七不思議の新拡張「アゴラ」のルール紹介です。


ルール読んだ限りではなかなか面白そうで期待が高まりました。

でも細かいところは実際何度か遊んでみるまでは分かりませんけどね。

あまり期待しすぎないようにしときます。

パンテオンが個人的にイマイチだったから、どうしてもアゴラへの期待が高まってしまうんですよね。


さ!

私のことは置いておいて、早速ルール紹介をスタートします!





基本ゲームに追加となるルールを順に紹介していきます。


セットアップ


まずはセットアップからです。

白黒ある全13枚の議員カードをシャッフルします。





そして世代Ⅰ、Ⅱ、Ⅲに5枚、5枚、3枚、と振り分けて更にシャッフルします。





各世代、写真のサマリーのように場を作ります。

基本ゲームより場が横に広くなるので確保スペースに要注意だ!


ゲーム中のアクション数がカード枚数分の13アクション増えるわけですねー。





カードを並べてみるとこんな感じです。

ボリューム感すごい!

ぼわっと膨らみましたね、ぼわっと。


写真の黄◯は議員カードです。

3段目の右端のカードが裏向いてますが間違いです。





次に布告トークンを準備します。

これは全16種類あって1ゲームで登場するのはこのうち6個です。





元老院ボードの議会に1個ずつランダム配置します。

赤線の区切りが議会です。

布告トークンの裏向き配置、表向き配置は議会のアイコンに従います。

議会1個ずつ交互に表、裏、表・・・となっています。





次は謀略カードの準備です。

これは全16枚です。





シャッフルして山を作っておきます。

このイラストは皇帝を操るということでしょうか?

悪い匂いがプンプンします!





各プレイヤー、茶か銀の影響力コマ12個を取ります。

使い方は後述します。



セットアップはこれで完了です。

次はこれら新たなコンポーネントを使った新アクションについて紹介していきます。





新アクション


まずは議員の雇用です。

議員は白の政治家、黒の陰謀家、の2種類がいます。

政治家は分かるけど陰謀家ってなんでしょう?

そういう職業があるんでしょうか?


それはさて置き、政治家と陰謀家はそれぞれアクション効果が違っています。

けど場から持ってくる処理は同じです。





基本ゲームの建物と同じで場から取って自分の都市へ並べます。

その際のコストは


雇用済み議員数×コイン


です。

上の写真のように1枚目の雇用は0コインとなります。





3枚雇用済みであれば3コインとなりますね。

政治家、陰謀家を雇用するとそれぞれのアクションを実行することができます。


では、そのアクション内容です。





政治家

政治家のアクションは影響力コマの配置と移動です。


1アクション→1影響力の配置 or 移動


政治家を1枚雇用した時に実行できるアクション数は、自都市の青カード枚数に依存しています。

青カードが


0〜1枚:1アクション

2〜3枚:2アクション

4枚〜:3アクション


となります。





青カードが2枚あると政治家1枚の雇用で2アクションできます。


ゲーム序盤の青カードって点数低くて微妙でしたから、そこを強化した形ですね。





影響力コマの配置

影響力コマの配置は議会のどこにでもできるわけではなくて、政治家カードのアイコンで右or左or中央が指定されています。

右左中央に各2個の議会がありますので、そのどちらに配置するかは任意です。





中央カードであれば中央にある議会のどちらかに影響力コマを配置します。





影響力コマの移動

移動はカードの右左中央は関係なく、どこにあるコマでも移動できます。

自分の影響力コマ1個を隣接した議会へ移動させます。





議会の支配


影響力とはそもそも何なんだ?という事なんですが、これは議会ごとでの影響力を表しています。(そのまんま!)

影響力が過半数を占めるとその議会を支配することができます。





するとー

まずは議会を支配した証として、ボードとトークンの間にある穴へ影響力コマをカポッと入れます。

議会を支配しているプレイヤーは布告効果を得ることができます。

布告効果は色々な永続効果です。

後でいくつか紹介します。


あとゲーム終了時には勝利点を得ます。





裏向きの布告トークンが置かれている議会は、影響力コマが最初に配置された時点でオープンとなります。





そして1個しか影響力コマがないのでそのまま支配!





影響力が逆転するとー





その瞬間、支配が入れ替わります!

布告効果の持ち主も、もちろん入れ替わる!





影響力が同数の時は支配者無しの扱いとなります。





布告トークン紹介


布告トークンの効果をいくつか紹介します。


左から

・7不思議を建てる時に資源を1個免除


・自分か相手が黄カードを建てた時、その時の世代と同じコインを銀行から得る(コインを得るのは自分だけ)


・カードを売る時に追加で2コインを得る





・茶資源を買うときに1コイン値引き(0にはならない)


・相手の建物にある連鎖シンボルを自分も使える


・陰謀家を雇用した時に連続手番





そ!し!て!

布告効果を得ることができる議会の支配ですが、実は布告効果はただのオマケで別の目的があります。

その真の目的とは・・・・





そう!

新たな勝利条件である「政治的優位」!!

6個全ての議会を支配した瞬間、勝利となります。

新たな柱ができたのはうれしいですねー。

戦略の見直しが楽しみです!





陰謀家

陰謀家を雇用時のアクションは下記2択です。


影響力コマの配置(1個を任意の議会へ)

or

謀略カードを引く


影響力コマについては政治家と同じなので省きます。

ちなみに陰謀家は青カードが何枚あろうとも影響力コマの配置は1個限定です。


謀略カードについて紹介していきます。





山から2枚を引いて内容を確認し、1枚は山の上か下かへ戻します。





もう1枚は自都市に伏せて配置します。

この段階ではまだ謀略カードの効果は使えません。





次回以降の手番で場からカードを取って謀略カードへ差し込みます。

これを「謀略の準備」と言います。


7不思議に差し込むのと同じ感じです。

カードの使い道が1個増えた形ですね。


これで更に次手番以降で謀略カードの効果を発動することができます。





発動タイミングは手番の最初だけで、発動するかどうかは任意です。

発動する場合は宣言してカードをオープンします。

ちなみに謀略カードの発動は1手番で1枚だけです。





謀略カードの効果が発動するまでをまとめると下記のようになります。


①陰謀家の雇用

自都市へ陰謀家カードを配置して謀略カードを引く


②謀略の準備

謀略カードへ場のカードを差し込む


③手番の最初に謀略カードを発動(任意)


最低でも3手番必要となるわけですね。

準備が大変ですけどその分効果が強力です。

いくつか紹介します。





左から

・取得可能な場のカードを順に2枚捨てる

 影響力コマの移動


・相手の建設済み7不思議を1個ゲームから除外する

 この7不思議の効果は失われる


・相手の緑 or 青カード1枚を自都市の同色カードと交換する

 影響力コマの移動





・ゲーム開始時に除外されたカードから1枚選択して無料建設(ゲーム中の捨て札ではない)

ゲームの進行によって選択できるカードが増える(今が何世代かによって)

 第Ⅰ世代中→第Ⅰ世代のカード3枚から選択

 第Ⅱ世代中→第Ⅰ、第Ⅱのカード6枚から選択

 第Ⅲ世代中→第Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ世代のカード9枚から選択


・茶 or 灰カードを相手から奪う


・相手の青カードを捨てる

 影響力コマの移動



布告トークンと同じく、似た効果はあれど同じ効果は無いってのが豪華だなーと感じます。





新アクションについては以上になります。

最後にその他の追加要素を紹介します。





交戦トークン

コインを失わせる効果から影響力コマの操作に変わっています。

赤カードのテコ入れでしょうか?





進歩トークン


左から

・謀略カードを引いた時に2枚とも取得できる


・これ以降、議員の雇用コストが0になる


議員特化ですねー。





7不思議


アゴラの7不思議は建てた時だけでなく、ゲーム開始の取得時にもおまけがついてきます。


クリアユリア

取得時

謀略カードを2枚引いて1枚を取得


建設時

「謀略の準備」をしていない謀略カードを発動できる

6コインを得る

連続手番


クノッソス

取得時

影響力コマを1個任意の議会へ配置


建設時

影響力コマの配置

影響力コマの移動

3点


取得時の効果が新しくて面白いですね。

7不思議も同じく議員特化となっています。





以上でルール紹介は終わりです。


新しい勝利条件とその手段となる議員たちを使った駆け引きが面白そうなルールとなっていました。


特に下記2点が気に入りました。

・議員絡みの特殊効果は強いが発動にはしっかりと準備が必要

・議員自体が場のカードになっているから、それによってカードのめくり順攻防をジャマされない


実際の感想は何度か遊んでみてからですね。

遊んだら印象が変わるかもしれませんし。

その辺はまたサシプレイ記でお届けします!


今回はこれで終わります。

ありがとうございました!

さようなら!!






amazonリンク


楽天リンク


世界の七不思議:デュエル 拡張セットアゴラ 多言語版
価格:3180円(税込、送料別) (2020/10/28時点)楽天で購入


yahooリンク






ホームに戻る