マスターオブルネッサンス 開封レビュー

マスターオブルネッサンス 開封レビュー post thumbnail image



2019年

人数:1~4人

時間:60分

年齢:14歳以上





こんにちは。こんばんは。aです。


今回は「マスターオブルネッサンス」の開封レビューです!

2019年に発売されたゲームで副題は「ロレンツォ イル マニーフィコ カードゲーム」と付けられています。

そう!

2016年に出たロレンツォ イル マニーフィコの名を冠しているという訳ですよ!

皆さん、もちろんロレンツォ好きですよね?

ずっと買おう買おうと思っていたんですが、ここだ!っていう機会がなくてズルズルと1年経ってしまいました。

でもようやく手に入れることができたので、張り切って開封レビューからお届けしていきます!





まず箱絵です。

中心にドーン!とインク!!

渋い!

そしてその周辺をこの暗ーい青色?ですかね?

たまんない色使いしてます。

この感じの色味は大好きです。





次に箱裏です。

フィレンツェの重要人物となって名声を高めましょう!といつもの感じです。





ルールブックです。

60分ゲームだからページ数は少ないです。





続いてタイル類です。

これ1枚だけでした。

あのインクはスタPマーカーに間違いない!


下部分にはロレンツォさんの顔が書かれたトークンがいくつかあります。





個人ボードです。

写本室みたいですね。

これが大きいんですよ。

箱やルールブックと同じ大きさです。

個人ボードが大きいとなんか嬉しいですよね。

満足感があります。


プレイヤー人数分の4枚があります。





それらをどけるとトレイが出てきました。

カード類やコマ類がきっちり収まるのでトレイがあると嬉しいですね。

で!

開封する前からずっとジャラジャラジャラジャラ音が鳴っていたんですけど、やっと正体が分かりました。





犯人はこいつだ!!

樹脂製の玉がたくさん入ってました。

どこかにビー玉と書いてあったのでガラスかな?と思っていましたが、硬めの樹脂でした。

重さも結構あって丈夫そうです。





そしてこいつをどうするかと言うと

専用トレイに配置して右から下から押し出すわけです。

そうすると玉が押し出されて外周の坂道をコロコロコロリンと下まで行ってくれます。

このギミックが最高です。

見てるだけでご飯3杯いけます!





次はコマ類です。

木製コマで小さ目です。

数はそんなに多くないです。





これも専用トレイが付いているんですよねー。





カードです。

全部重ねると結構な枚数あります。

これがこのゲームのメインですからね。





これはお買い物するカードですね。

ロレンツォと同じく緑、青、黄、紫の4色あってレベルは1、2、3となっています。





こっちは指導者カードです。

ロレンツォと同じく条件達成で出すタイプですね。





気になるゲーム内容は、ロレンツォの雰囲気そのままの完全なる別ゲームということみたいです。

プレイ時間も60分と中量級なのでロレンツォと同じでないことは理解できます。

が!その名を冠している以上、通ずる物があるのでしょうか?

うーむ、どんなゲームに仕上がっているのか・・・・


そいつは次回のルール紹介でお届けします!

今回はここまでです。

また見に来てください!

さようなら!!






amazonリンク


楽天リンク

マスター・オブ・ルネッサンス —ルネッサンスの偉人たち— 日本語版
価格:5720円(税込、送料別) (2020/10/28時点)楽天で購入


yahooリンク






ホームに戻る