マルコポーロ:大いなる帰還 サシプレイ記

マルコポーロ:大いなる帰還 サシプレイ記 post thumbnail image




2019年

人数:2〜4人

時間:60〜120分

年齢:12歳以上






こんにちは。こんばんは。aです。

さあ!今回は「マルコポーロ 大いなる帰還」のサシプレイ記です!

前作との違いである下記2点を感じてもらえたらなと思います。

・旅行メイン

・資源管理が緩和された



では早々に、張り切っていきましょー!






ゲームスタート!!!






2020年7月某日

a対yのサシプレイ


はじめに断っておきますが、私もyも初ゲームではありません。

何度かこなしているので都市の位置関係や特殊能力について、ある程度の理解がある状態です。






セットアップ


メインボード


都市に配置される商館ボーナス、都市カード、収入タイル、依頼タイルはランダムです。

特に都市カードと収入タイルは重要なのでよく確認しますが、見えますか?

小さくて申し訳ないです。

拡大して見てください。

喉から手が出るほど欲しい収入タイルが手前の都市にないんですよね。

最低3歩は行かないと。

ほんと意地悪なマップです。

1個くらい1歩目にあってもいいのに。






さ、自分の場合はまずルートを組み立てちゃいます。

途中で変更するかもしれませんけど、紋章9つ全部取るのと収入をメインに考えます。

今回はこんな感じかな?

紋章を9セット全部集めるルートです。


太陽、雲、月、手裏剣の4つの紋章は1都市ずつしかありません。(マップ中央)

鶏、竹、蛇、猿、蓮の5個は2都市以上にあります。(マップ外周)

2都市以上に同じ紋章があるものはどちらかに商館を建てればOKです。






人物カード


人数+1の3枚を出して、ジャンケンで後出番になった私から選びます。

右端を使わない事は即決定で、他2つはどちらもいいんですよね。






うーーむ。


ふたごに決定!(こっちの方が好き!)

初期支給で3コイン余分にもらいます。

収入の1個を選んで2倍にできるのですが1ラウンド目は収入がありません。

2ラウンド目に期待だ!






大都にふたごをセット完了!


そうだ!ふたごだから旅行ルートを練り直さないと!






こんな感じですね。

2コマで分散移動できるので、元々のルート+右下の収入都市から攻めていきます。

2方向から攻めることができるので紋章集めも楽になります。

ふたごの強さは全特殊能力の中で一番とは言いませんがトップクラスであることは間違いありません。






yが選んだのはこちら。

ダイス振った分だけいろいろくれる人!

最もカッツカツの1ラウンド目にがっぽり資源をもらえるので、スタートダッシュがハンパない!

このキャラも強さは間違いなく上位です。






任務カード

指輪のギルドマーカーを取る予定はないので右に決定!






第1ラウンド

 

まずはこのラウンドで使う出目を確定するため、ダイス振ります。

そしてyの特殊能力が発動!

いきなり3ラクダと2コインをボーナスでゲット!

羨ましすぎるぞ!






さて、初手はどうしようかな・・・

う〜ん・・・そうだな〜・・・・

・・・・どうしたら良いのか分からん!

整わないからとりあえず2ラクダ4コイン貰っとこう!






いかん!考えが整わないうちにどんどん市場を荒らされている!






しかもすでに黒ダイスを2個も取られてる!

物資の差がエグいぞ!






黒ダイスを全部取られるわけにはいかない!

とりあえず1個は確保しておこう。






さて、2ラウンド目で収入を得られるように収入タイルのある都市へ1ラウンド中に向かいたいです。

となると、旅費のヒスイが足りないな・・・

市場でヒスイを確保します。






よし!移動開始だ!






まずは1歩移動で下の揚州へ向かいます。

早どりボーナスの2ラクダが欲しかったんです!






そしてふたごの必殺技、分割移動を繰り出そうとしたらコインが足りない!


3ラクダも払って取った黒ダイスを3コインごときに使いたくない・・・

けど他にコインもらえるアクションが残ってない!

くぅーーー、やむを得ないか、苦しすぎるぜ!






ヒュー危ない危ない、まだアクション取られてなくて良かった。

追加コストなんて持ってないから1ラウンド目にして死んでしまうところだった。






ふたご神拳奥義! 分!割!移!動!


どうだ?移動が早すぎて2人いるみたいだろう?

そう!!ほんとに2人いるのだよ!!

フハハハハハーーー!

断腸の思いで入手したコインを握りしめて移動します。

そして一気に2軒建て!


右下の都市ゼンカイは5コインの収入付きです。

商館建てた時点で一旦5コインもらえます。

うれしい!






yは1ラウンド目にして3ダイス移動。






大量の旅費を投げ捨て、さっそうと駆け抜けて行きました。


しかもあそこは「?」収入タイルの都市。

「?」収入はマップの全収入タイルから好きな収入を選択できるという鬼収入です。


1ラウンド目は完敗だな!

まぁ、良しとしよう。

まだ始まったばかりだ!






第2ラウンド

収入

唯一の収入の5コイン。

特殊能力で2倍になり10コインをもらいます。

なかなかにヤバい能力です。






手持ち資源はこんな感じです。

ラクダが全然足りない!






2ラウンド目のダイスを振ります。

出目合計が15未満だと差分のラクダかコインをもらえます。






やった!予想外の収入!

ありがとう!ダイスの神様!






まだまだラクダが足りません。

市場で更にラクダを集めます。






胡椒も集めて






依頼タイルを達成で更にラクダを生み出します!






ちょっとラクダに余裕が出たからぜいたくして黒ダイスを1個もらっちゃおうかなー?

いや、でもなー。

あとでラクダが足りなくなるかもしれないしなー。

やめとこうかなー?

う〜ん・・・

もらっちゃえ!

なんとかなるだろう!






ぐっ・・・・

他全部取られてる・・・

こっちは1個取るだけでも必死なのに。

まずいぞこの展開は。

ラクダ成金に追い付かないとアクション数の差がどんどん開いていく!






さて、移動で水路を行くのでギルドマーカーを取らねばなりませんが

yが先にアクション実行済みだから追加コストの3コインを払います。

痛い、痛すぎる。






なんとか旅費を絞り出して次の収入都市へ向かいます。

苦しい、苦しすぎて息ができなくなりそうです。






ホルムズへ無事到着!

収入の3ラクダを即ゲット!

ありがたや・・潤います・・・


そして商館建てたので4ラクダアクションの権利もゲット!

もうラクダに困る事はない!

そこら中をラクダまみれにしてやるぜ!!






yはまたさっそうと高コストの道を駆け抜けマップ最奥のバグダッドへ到着しました。






バグダッドは最奥だけあって都市アクションが強力です。

ダイス1個で胡椒、絹、金の3点セットがもらえちゃう!

しかも資源2個収入のおまけ付き!(収入タイルはランダムです)

バグダッドへ早めに追い付かないと3点セットを取られ放題になっちゃいます。

まずいぞ、急げ、俺!!






第3ラウンド

やっと収入らしい収入を得られました。

ふー、満足満足。

これでラクダの数でyに劣りはしないでしょう。






カード(フリー)でこんなの出ました。

1ラクダ払えばギルドアクションを使える。

つまり通常ダイス2個いるところ1個と1ラクダで済むというナイスカードですけど、もう取られましたね。






ここからは毎手番、黒ダイスをとっていくぞ!






例のバグダッドへ向かうのですがコインが足りません。

恩寵アクションでコインを集めます。






黒ダイス使ってもう一発!






3ダイス旅行!






成都、バグダッドへ到着です。

ホルムズからバグダッドへ行くにはこのゲームで最高コストのデスロードを通る必要があります。

普通ここを通るのは避けるべきなんでしょうけど、早くバグダッドへ行ってyの3点セット大暴れを止めないといけないんです!

ここが勝負どころだ!






第4ラウンド


収入後の資源です。

なかなか良いんじゃないでしょうか。






ここで一旦、状況を確認しましょう。

私の手持ち商館はあと5個残っています。

紋章制覇と商館の建て切りを狙った上での建設予定地は赤○です。

あと2ラウンドもあるので、これは問題ないでしょう。


yも紋章制覇&商館建て切りは問題ないでしょうから、依頼タイルでの勝負になりそうです。






このラウンドはスタートプレイヤーだ!






取られる前に取る!






yが3ダイス旅行で






着実に商館を置いていきます。






自分も負けじと3歩移動。






ダイス2個で商館2軒建てできるので、商館建てに関してはふたごに大きくアドバンテージがあります。






ここでコストを払ってギルドマーカーをアップグレードします。






任務カードにある目標で7点確定です。






最終ラウンドに向け、都市アクションで7コインと2ヒスイを得ます。(美味い!)






第5ラウンド(最終)

最後の収入です。






商館残りは3個です。






建設予定はこんな感じ。






手持ち資源は十分です。

あとはいくつ依頼をこなせるか・・・






依頼をこなした数が1番だと8点入ります。

しかーし、未だこなした数は1枚だけ!

現在の達成数はyが多いけど、最終ラウンドでまくってやる!






さっそく1個達成します。






続いて2ダイス旅行をします。






3歩移動で2軒建て。






建て建てボーナスで合計10点ゲット!






yも3ダイス旅行で






2軒建てします。






同じく10点が入ってラスト1件。






次の依頼も達成します。






依頼タイルのボーナス移動で1歩移動します。






全建て達成で10点入ります。






ここでもう1つ依頼を達成。






依頼タイルが無くなったので補充します。






2枚共は厳しいかな??






yも最後の1件を建てて10点入ります。






最後にさっきのうちの1枚を達成してゲーム終了です。

2枚共はさすがに無理でした。






決算前の点数です。


紋章及び任務カードの加点は大差ないはずです。

やはり依頼タイル数勝負か・・・






最終決算


紋章

2人共9セット完成です。






任務カード


a

紋章セット点

紋章9セットに+1が3個付いたので全部で12セットです。

12セット 35点


アップグレード点

ツボのアップグレードを達成済みです。

7点


+1をあと1個ギルドマーカーで取る予定だったのですが、余裕がありませんでした。

悔しいです!






y

紋章セット点

紋章9セットに+1が4個付いたので13セットです。

13セット 43点(最高点)


アップグレード点

なし


きっちり仕上げてきました。






依頼タイルトップ


さー、問題はここだ!

どうだ??






あーー、まさかの同数!

1位タイの時どうなるか?ルールブックに書いてないので半分の4点ずつ入れることにします。






あとは残った資源を点数化して終わりです。






最終得点


ジャン!

ぎりぎり勝った!

yは資源をたくさん残していたんで資源点数化でまくられるかとヒヤヒヤしてましたが、なんとか逃げ切りました。


逆に沢山残った資源を依頼タイルで点数化されていたら負けていましたね。

偏って資源を持っていたから場に出ている依頼タイルで合うものがなかったみたいです。


一方、自分も予定ではもうちょっとできるはずだったんですけど、110点台止まりでした。

やはりバグダッド-ホルムズ間のデスロードを無理して通ったのが響いたと思います。

今考えると絶対に通るべきじゃないです。

あの時はね、盛り上がって頭がどうかしてました。






個人的レビュー


a 6/10点


コンポーネント

資源は全部木製ですし、前作と違って1個コマと3個コマの大きさの違いもはっきりしました。

タイル類もカード類もボード類も質が良く、イラストも含め雰囲気でていて満足いく出来です。

メインボードまでしっかり日本語にローカライズされているのも個人的に嬉しいです。

コンポーネントで特に気になる点はないですね。


やりごたえ

少ない資源をやりくりして計画的に紋章集めの旅行を実行していくのはやりがい十分です。

これでも資源管理が楽になったらしいので前作はどれだけ苦しかったのか?

あまり覚えてないのですが恐ろしいですね。


これ都市全部回れるの?って心配になるほどカツカツの序盤から収入アップを少しずつ積み重ねていきます。

中盤から徐々に余裕が出てきて終盤に仕上がるのは最高に気持ちいいです。


あとはランダム登場する収入や都市カードを考慮に入れた紋章集めのルートの計画!

このルートを計画するゲームの最初が一番重要で一番時間がかかりますね。

ここがこのゲームの一番楽しいところかもしれません。


プレイヤー間の絡み

ギリギリの計画を立てるとダイスプレイスメントの妙で追加コストが足らず破綻したりとか、都市アクションや早どりボーナスも存在するので、プレイヤー間の干渉もそれなりにあります。

が、元々そんなにプレイヤー間で取った取られたをやるゲームでもないと思います。

でも依頼タイル達成の最多争いは熱いです!


サシプレイ

人数調整はおじゃまダイスがアクションスペースへ配置されます。

その効果でサシプレイでも自由に動けすぎちゃうこともなく、十分楽しめました。

どっちかと言うと自分の計画を完遂していくことに没頭するソロプレイ寄りのゲームだからかもしれませんね。


気になった点

最後は気になったマイナス点です。

まずは紋章が固定というところです。

ランダムで収入やカードが配置されはしますが、肝心の紋章が固定なので毎ゲームほぼ同じルート取りになってしまいます。

2、3回遊ぶだけなら気にならないと思いますけど、自分みたいに同じゲームを繰り返し遊ぶ人にとっては飽きが早いゲームだと思います。

紋章もランダム配置にしてくれたら大きく印象が良くなったんですけどね。

ぜひここは拡張で紋章をタイルなどでランダム配置できるようにして欲しいです。

まぁ、自分で適当に紙に書いて置けば済む話なんですけど。


特殊能力強弱

これはもう、これ系の宿命でしょうか。

強すぎでしょってヤツからどうやって戦えと?というヤツまで幅が広すぎます。

気心知れた仲間内でプレイする分にはまだ笑って済ませるから良いですけど、オープン会などあまり知らない人とプレイしようものならすごい空気になると思います。

あえてこうしてあるのでしょうか?

個人的には強弱差は無い方が良いです。

相手を選ばずプレイできますからね。

でも調整が難しいんでしょうね。






y 8/10点

黒ダイスを独り占めできると楽しい。






今回は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回はどうしようかな・・・・

まだ未定ですけどまた見に来てください!

さようなら!!






amazon






ホームに戻る