ヌイグルミ騎士団と少女の夢 開封レビュー

ヌイグルミ騎士団と少女の夢 開封レビュー post thumbnail image



2018年

人数:2〜4人

時間:60〜90分

年齢:7歳以上






こんにちは。こんばんは。aです。

今回は「ヌイグルミ騎士団と少女の夢」の開封レビューです!



このゲームのジャンルは協力RPGってやつですかね?

似たゲームだと「アンドールの伝説」とか最近では「グルームヘイヴン」とかですね。


昨年末でしたっけ?

グルームヘイヴンが出たときは大騒ぎでしたね。

人気のあるジャンルです。


私は普段このジャンルのゲームはやらないんで「ヌイグルミ騎士団と少女の夢」もはじめは興味ありませんでした。

しかし、いくつかレビューサイトをふらふらと訪れているうちにあるポイントで欲しくなってきました。


そのポイントとはゲーム内容が「絵本+ゲームブック+RPG」となっていて子供の食いつきがすごい、という点です。


我が家にキッズがいるんですが、ボードゲームに全く興味ないんですよね。

自分の趣味を押し付けるのはどうかと思いあまり巻き込まないようにしているんですが、やはり我が子なんで一緒に楽しみたいんです。

そこで 子供が食いつくと評判の「ヌイグルミ騎士団と少女の夢」ならば我が家のキッズも食いつくかな??という期待を込めつつ購入しました。






では開封レビューを始めていきます。






まずは箱裏から。

この寝てる女の子のヌイグルミたちなんでしょうね。

写っている悪そうな奴らと戦うのでしょう。


対象年齢が7歳からと低いのが特徴です。





箱を開けたところです。


注意書きが目に入ります。

ストーリー重視型だけあって、物語に関係ないカードは見ないでね!って書いてあります。






ルールブックです。

これ系にしてはルール量が少なく複雑ではなさそうです。






タイル類はこれ1枚だけです。






タイルをどかすと、メインになるストーリーブックが出てきました!

ヌイグルミたちは結構悪そうな顔してるんですよね。

内容を知らない時はヌイグルミ騎士団をやっつけるゲームだと思ってました。






リングノートみたいになってます。






テキストが分からないよう遠目で紹介します。


見開きで左ページにコマやトークン類を置き、マス目を移動して戦闘を行うようです。


右ページにビッシリとテキストが書いてあって、ステージごとのルールや目標が1/3程度、あとは物語が2/3程度です。


この物語部分の文章量がこのゲームのメインで、ストーリー重視型となるゆえんですね。

少し読んでみたところ、低学年向けの本を読んでいる感覚でした。

これは我が家のキッズも喜びそうです。


コマを置くことになるためか、紙質はしっかりしています。

ペラペラではありません。






ストーリーブックは全部で103ページありました。






その下にはキャラクターシートとカード類です。






自分の分身となるヌイグルミたちです。

それぞれ特殊能力があるようです。






袋です。

ダイス引き用です。






ボタンとダイスです。

ダイスはなんとなく想像つきますが、ボタンはなんでしょうね?

何かのトークンかな?






これ系のゲームになくてはならないカード類です。






最後にコマです。

ヌイグルミ6体です。

変なバリもなくきれいだと思います。


やっぱり悪者に見える・・・・






敵側のコマです。

かわいらしいのが多いですね。

特にロボ犬が好きです。






今回は以上になります。


まだ開封しただけの段階ですけど、普段これ系のゲームをやってる人や大人だけで楽しむには厳しそうですね。

子供向けに簡略化されているという印象です。


その辺の細かいことは改めてルール紹介編でお伝えします。

後日投稿しますのでまたチェックしてください!


我が家のキッズとわいわいやいやいできそうで、プレイするのが楽しみです!!






amazonリンク


駿河屋リンク


楽天リンク

ヌイグルミ騎士団と少女の夢 完全日本語版 アークライト
価格:8980円(税込、送料無料) (2020/4/16時点)楽天で購入






ホームに戻る