アグリコラ 牧場の動物たち THE BIG BOX ルール紹介

アグリコラ 牧場の動物たち THE BIG BOX ルール紹介 post thumbnail image



2018年

人数:2人

時間:30分

年齢:10歳以上






みなさん、こんにちは。こんばんは。aです。


今回は「アグリコラ 牧場の動物たち THE BIG BOX」のルール紹介です!

あの有名超大作アグリコラをぎゅっと絞って出てきた動物成分のみを使った2人用短時間ゲームとなります。

食料の要素が無くなっているのも大きな特徴ですね。






ボード全景

これでゲームに使うもの全部です。

こじんまりとしていてかわいらしいです。






初期支給

農場ボード1枚、ワーカー3人、境界コマ9本、です。


ワーカーは3人から増えません。

1ラウンド3手固定です。

本家アグリコラのようにワーカーの食料と住む部屋の準備は必要ありません。

食料足りなーい!っていうあの胃がキリキリする思いをしなくていいからすっごく気が楽!!






ゲームの流れ


全8ラウンド


1ラウンドの流れ

①補充フェイズ

アグリコラお馴染みで、アクションボードに各資源が補充されます。


②労働フェイズ

いわゆるアクションフェイズです。

各プレイヤーが3人のワーカーを交互にアクションボードへ置いていきます。


③帰宅フェイズ

自分のワーカーをアクションボードから引き取ります。


④繁殖フェイズ

各種動物ごとに2頭以上いれば1頭増えます。

何頭いても増えるのは各種1頭ずつです。

牧場や建物の収容数を超えて増やすことはできません。






アクションボード

クリーム色の枠内がアクションスペースです。

そこへワーカーを配置してそこの効果を得ます。

既にワーカーが配置されているアクションスペースへはワーカーを置けません。


いつも通りのワーカープレイスメントルールです。


全8ラウンドを通してこのボードにあるアクションで全てになります。

途中でアクションが追加になったりはしません。






アクションスペース詳細

ここは溜まっている木を獲得するアクションです。


矢印マークがあるものは補充フェイズで補充される資源です。

数は補充数を表しています。


上の写真は毎ラウンド3木が補充されます。


隣はスタートプレイヤーマーカーであるニワトリと溜まった木がもらえます。

こちらは毎ラウンドの補充は1木です。






ここは葦が補充されるアクションスペースですが、( )に注目です。

( )はそこに何か残っている場合に補充される物です。






このように葦が残っていれば補充フェイズで羊が補充されます。

何も残っていない時は葦が補充されます。

葦は1個までしか溜まらないということですね。






ここは境界コマを配置するアクションです。

下記2つのアクションスペースが用意されています。


・木1個→境界コマ1個配置


・コスト無し→境界コマ2個配置

 それ以上置く場合

 石2個→境界コマ1個配置






境界コマで囲ったマスは「牧場」となり、動物を配置できます。

1つの牧場には1種類の動物だけで、1マスにつき2頭まで配置できます。

複数マスを大きく囲んで牧場を作ることもできます。






厩を建てるアクションです。

農場の任意の場所へ厩タイルを配置します。






厩含め建物タイルには色々な情報が書かれています。

こんな感じです。

建物によってコスト、勝利点、収容数が様々です。






更に建物タイルの外周4辺は境界とみなします。

上の写真はブタ牧場が完成していることになります。


そもそも境界コマが多くないので建物を使って効率よく牧場を作っていくことが重要です。






建設済みの「厩」→「家畜小屋」建て替えアクションです。


家畜小屋にすることで勝利点と収容数が上がります。






飼葉桶を作るアクションです。


アグリコラでの厩に当たるやつで効果も同じです。






1マスに1個置くことができて、牧場や建物の動物収容数を2倍にしてくれます。

複数マスから成る牧場も当然2倍です。

複数マスから成る1つの牧場に飼葉桶を複数置くと、収容数が2倍、4倍、と増えていきます。






特別な建物を建てるアクションです。

特別な建物とは、「厩」と「家畜小屋」以外の建物を指します。


「厩」と「家畜小屋」は前述のように建設アクションが別で用意されています。






建物は毎ゲームにこれだけ登場します。

基本の建物は毎ゲーム固定で、下の8個はランダム登場です。






このランダム登場の8個が拡張部分で、全部で54種類あります。

拡張2種分だけあって、めちゃたくさん!!


テキスト効果もありますし、毎回違った展開を演出してくれます。

これが無いと毎回同じ展開で味気ないんで、拡張部分は必須要素ですね。






固定の基本建物はこんな感じ。






ランダム建物はこんな感じです。






溜まった境界コマと拡張ボードを獲得するアクションです。

拡張ボードは溜まりません。

毎アクション1個だけです。






獲得するたびに個人ボードの左右どちらかへ繋げて土地を拡大します。

2,3ラウンドもすれば初期の土地だけでは手狭になってきます。






得点計算


最後に得点計算の紹介です。

①:動物の数

全種類1頭1点です。

ここがメイン得点ですね。



②:動物数のボーナス

種類別の頭数でボーナスが入ります。

3頭以下はマイナス3点なので要注意!


このボーナスは途中から1頭1点になるので、1種を独占できると大量得点できます!!

中々ないですけどね!そんな状況。



③:使用済み拡張ボード

拡張ボード1枚ごとで、3マスとも使用済みであれば4点。(牧場の一部になっているか建物、飼い葉桶が置いてある)



④:建物点

建物に書かれている勝利点。



これらを合計し、勝利点の多いプレイヤーが勝者となります。






ゲーム終了時はこんなに賑やかになります。

動物達かわいすぎるだろ!!






今回は以上になります。

最後までご覧頂きありがとうございます!

プレイ感は後日に投稿しますので、またご覧ください!!

お楽しみにー!







定価5,500円(税込み)


amazonリンク






ホームに戻る