遥かなる喜望峰 サシプレイ記

遥かなる喜望峰 サシプレイ記 post thumbnail image



2018年

人数:2〜5人

時間:人数×10分

年齢:10歳以上






こんにちは。こんばんは。aです。

今回は「遥かなる喜望峰」のサシプレイ記です!


このゲームは毎回ランダムに登場する港の並びから、いかに早く投資チップを置ききるかの計画を立てられるかの戦いです。

と言っても他プレイヤーの動きへ敏感に反応して方向修正することが大事です。

その辺の面白ポイントをお伝えできればなと思います。

では、張り切って・・・




ゲームスタート!!






2020年2月某日

a対yのサシプレイ。






セットアップ

2人プレイは2体のボットプレイヤーがゲームに加わり、擬似4人プレイとなります。


赤と緑がボットプレイヤーで下記のように動きます。


・手番が来ると毎回同じ方向に「移動だけ」する

・他の船コマがいない港まで、距離は無制限で移動する

・手番順で前のプレイヤーが投資をすると、そのボットも今いる港に投資チップを置く


ざっとこんな感じです。


今ゲームの状況をまとめると下記のようになります。


手番順1:a 青


手番順2:ボット1 緑 (投資はaと連動)


手番順3:y 黄


手番順4:ボット2 赤 (投資はyと連動)






ゲーム開始


さーて、まずはどこへ行って何をもらおうかなー?

とりあえず果物2個ゲット!






yも無難に金塊を1個ゲット!






母港から出た次のターンなので、回る方向を決めます。

今回は反時計回りに決め、カリカットでコショウをゲット!

いいですね、カリカット。

何回も言いたくなるカリカット!






お次は変換だ!


果物2個→金塊1個


yが初手で行った金1個もらえる港の方が良いことは明らかです。

行けるものなら行きたいんですが、他の船がいてお金を払わないといけなかったんです。


絶 対 に 払 い た く な い !






強い意思をお分かり頂いたところで、ホルムズへ戻ってきました。

ケチったお金で投資チップを配置します。


お金は大事だよ!






yもすぐに投資チップを置いてきます。


投資チップを置く速度で離されると厳しい状況になります。

誰かが8個の投資チップを置き切ったら即そのラウンドでゲーム終了なので、悠長なことをしている暇がないんですよね。

気分はレースをやっているようです。






お次は金塊を1個もらって






金が2個たまった!






こいつで投資だ!

次からこのナポリでお金5もらえます。

やっほーい!






ナポリ→母港→ナポリと戻ってきて5金をゲット。


ゲーム前半には収入を増やすために投資チップを置いていきます。

が、それだけではダメでゲームの途中からは点数確保のため港のマジョリティも気にかける必要があります。



どこで収入重視から点数重視に移行するか・・・

うーん、悩ましい!






そのお金でさらに投資します。

しかもこのホルムズは4点だぜ!!






yも4点のジェノバを確保してくる。

くぅー、負けないぞ!






資源が豊富になってきました。

無駄に集めているわけでなく、もちろん狙いがあります。






そう、このソファラへの投資狙いだ!

ここも4点です。


4点港をどれだけ抑えられるかが重要です!






無事1個投資しました。






投資チップが残り2個になりました。

そろそろフィニッシュに向けて仕上げに入る必要がありますね。






さーてさて、どこに投資チップを置くと効果的かなー?

お、ここは1位タイなんで単独1位にするのが良さそうですね。

説明以来触れていませんでしたが、緑ボットは自分の投資と連動しているんで同じ数のチップがばらまかれています。

上の写真のように自分のジャマになることが多々あるので、投資する時はボットの位置に要注意です。(2人戦のみ)






狙い通り投資チップを置いて単独1位を確保できました。


3個のチップを置けるプレイヤーは1人だけなので、ナポリでのマジョリティは1位確定です。

やったね!






お金がすっごい余ってしまった。

これだけ余るってことは相当ムダに手番を使ってるな・・・

収入増えてくると、ついその港によりたくなっちゃうんですよ。


とりあえず・・寄っとくか・・・ってね。






投資チップもラス1となりました。

こいつを置いたら終了トリガーなので、そのラウンドでゲーム終了です。






ソファラに置いて単独1位を確保しつつフィニーッシュ!






ゲーム終了時の盤面

yは投資チップ2個余りですね。


投資チップの数は点数に直結するんで当然終了トリガーを引いたプレイヤーが勝利候補です。






点数計算


a「さーて、どっちが勝ったかなー?」


y「見れば分かるだろ!むしろ見なくても分かるわ!」


ボットプレイヤーはマジョリティ争いには参加しますが、勝利することはありません。

1位:青a 4点

2位タイ:黄色y 赤ボット 0点


タイだと1段下がるんですよね。

なんで2位タイは0点です。

厳しい!






1位タイ:青a 緑ボット 2点






1位タイ:青a 黄y 赤ボット 1点






1位:黄y 4点

2位:緑ボット 2点






1位:赤ボット 2点

2位:なし






1位:青a 3点

2位:緑ボット 2点






1位:緑ボット 2点

2位:赤ボット 1点






合計

a 10点

y 7点


yは影響港で何点か買っていました。

単純に置いた投資チップの差が勝ち負けとなりました。


得点が低いゲームなので1点が非常に重いです。






個人的レビュー


a 6/10点


・やりごたえ

ランダム登場する港から最速で投資チップを置き切るルートを組み立て実行していくことが基本です。

移動制限が実にうまく効いていて、どうすれば効率よく動けるか?

すごく悩ませてくれます。

その分、ここで収入を得てあそこで投資して増えた収入で更にそこに投資して・・・と、自分のヴィクトリーロードを見つけられると快感です!

ただ他プレイヤーもいるのでそう思い通りに行くはずもなく、臨機応変な軌道修正が必要になってきます。


投資チップが残り少なくなった時の終了トリガーがどこで引かれるか?と、各プレイヤーがどこのマジョリティを取りにいくか?の探り合いでヒリヒリしますね。


・プレイ人数

こういう訳でプレイ人数は3人以上がおすすめです。

各プレイヤーの思惑のぶつかり合いが面白いゲームなので、サシプレイとしては評価がダウンしてしまいます。

ボットの規則的な動きも計画に入れる必要がある、という意味で2人戦はガチ度が上がります。

競技性が高くなると言うんですかね?

そういうのが好きな人には合うと思います。


・リプレイ性

港カードがたくさんあるのでリプレイ性はバッチリ確保されています。


・ミニ拡張

今回は紹介しませんでしたが、ミニ拡張も何点か入っています。

それを入れるとより戦略性が増します。


ゲーム終了時の持ち金で点数が入ったり、条件達成の早どりとかの要素が追加されます。

ゲーム慣れしてるプレイヤーは最初から入れても良いと思います。

こちらも機会があればサシプレイ記で紹介します。


・総評

プレイ時間が短いわりには程良い戦略性があり、覚えることも少ないのでボードゲーム初心者にもおすすめです。

ちょっとした隙間時間にできるのが良いですね。

箱が小さいのでついついカバンの隙間に忍ばせちゃいます。





y 9/10点

覚えること少なくて最初から楽しめる。






amazonリンク


駿河屋リンク






ホームに戻る