遥かなる喜望峰 ルール

遥かなる喜望峰 ルール post thumbnail image



2018年

人数:2〜5人

時間:人数×10分

年齢:10歳以上






こんにちは。こんばんは。aです。

世間は大変なことになっていますが、みなさん体調は大丈夫ですか?

自分は花粉症持ちなのでマスクがいつ入手できるのか、不安な日々を過ごしています。

マスクの心配だけしていたらトイレットペーパーやティッシュまで品薄になっているようで、もう何が何やら・・・


自分のマスク在庫が3月分しかないんですよね。

4月のことを考えると恐ろしいです。

鼻が爆発しますよ。

そこまでに入手できることを祈っておきます。


そしてどこもかしこも閉鎖、中止で自粛ムード一色ですね。

個人的にも色々な予定が消え去りました。

こんな時は自宅でボードゲームやるに限ります。


てな訳で今回紹介するのは「遥かなる喜望峰」です!

ゲームサークル「A.I Lab 遊」さんのゲームをアークライトさんが製品化したものです。

最近よく聞くパターンですよね。

欧米産のゲームが多いので国産のゲームを遊べるのは同じ日本人として嬉しいです。

日本のボードゲーム業界がもっと賑わって次々と国産ゲームが発売されてほしいですね。






設定


設定は大航海時代です。

ヨーロッパ人が世界で大暴れした時代ですね。

このゲームでは暴れることはなく、世界の港で交易と投資を繰り返し、健全に勝利点を稼ぎます。

なんか聞いたことのある世界の港町がカードとして登場します。

そのイラストが雰囲気出ており、「1年ぶりの陸地か・・・」とか言いたくなります!

海の男にでもなった気分です。

「潮風が目にしみるぜ・・・」(これはなんか違う)






ざっくりルール






メインボード

ボードと言うか、カードですね。

中心に母港カードがあり、外周に7枚の港カードがあります。

このカード上に自分の船コマを移動させて交易と投資を繰り返します。






これが船です。

樹脂製の帆船になっています。

船と言ったらやっぱ帆船ですよねー。

ロマン度指数がギュイーンとアップです。






各プレイヤーは船コマとついたて、投資チップ8枚、3金を受け取ってゲームスタートです。






他、使うコンポーネントは3種類の資源キューブと






勝利点トークンです。

投資チップ以外は非公開情報なのでついたての裏に隠しておきます。






そのついたての裏にはサマリーが書いてあります。

超便利!!

ついたてとサマリーは切っても切れない関係です。

ここに書かずにどこに書く!






手番でやること


スタートプレイヤーから順に手番を実行し1週したら1ラウンドです。

終了トリガーが引かれたらそのラウンドが最終になります。

全プレイヤーが同じ手番数となります。


自分の手番がきたら下記を行います。


①移動

②収入

③投資


ついたて裏のまんまです。

順に説明します。






①移動


自分の船コマを移動させます。

今いる場所に留まることはできません。

そして移動は2種類あります。



・母港-港 間の移動

母港→港

中心にある母港からは外周にある全ての港に移動できます。

ただし、船コマが置いてある港だけは移動不可です。






港→母港

外周の港から母港への移動は制限がありません。

母港に船コマがいくつあろうとも移動可能です。






・港-港 間の移動


母港から港に移動した「次の手番」、外周を時計回りか反時計回りかを決定して船コマをその方向へ向けます。

一度方向を決めたらずーっとその方向にぐるぐる回り続けます。

海の男は後ろなど振り返らないのです!!


母港に一度戻れば再度方向を決められます。






移動先の港に他の船コマがある場合、その各プレイヤーへ1金を支払います。

海の男は厳しいんです!






そして移動数に応じて追加のお金が必要になります。

海の男はお金がかかるんです!(?)


2歩まではタダです。

これもついたて裏に書いてあります。






②収入


船コマが移動した先で収入を得ます。

カードの「基本」と書いてあるところが基礎収入です。

投資チップを置いてあると収入が増えます。






青は1回の収入で3果物を得ます。

緑は1回の収入で4果物を得ます。


全部の港がこのように2段階収入がアップするようになっています。






③投資


収入のあとでその港に投資チップを置くことができます。

これは任意です。


コストはカード左下の「投資」に書いてあります。

1つの港に置ける投資チップは3枚までですが、各港で3枚置けるのは1人だけです。

誰かが3枚置いたら他のプレイヤーは2枚までしか置けません。






投資チップを置く意味は2つあります。


・収入の増加

先ほど説明したように収入が増えます。


・港の勝利点

ゲーム終了時に各港で置いてある投資チップ数でマジョリティを見て、カードの右下に書いてある勝利点を得ます。

この各港でのマジョリティがこのゲームのメイン得点になります。

投資チップを置いて収入アップするのは2枚までですが、このマジョリティ争いのために3枚置くという行為が発生します。






港の種類


港は系統別で3種類あります。


①生産港

上の写真のバレンシアのように資源やお金がもらえる港です。






②交易港


お金と資源を変換する港です。

このホルムズは資源-資源ですが、お金-資源の港もあります。






③影響港


主に勝利点トークンを得る港です。

結構な準備が必要ですが直接勝利点を生み出せるので、エンジンが仕上がれば大量得点間違いなしです。

当然他プレイヤーからマークされて早々にゲーム終了となるので使いどころが難しい港です。






④母港

母港は全部で3種類あります。

このパロスでは1金です。

母港では大した収入は得られません。

方向転換等に使うのがメインなので当たり前っちゃ当たり前ですね。






結構な数の港カードがありますのでリプレイ性もバッチリです!






ゲーム終了条件


1人のプレイヤーが投資チップ8枚を全て置ききると終了トリガーです。

トリガーが切られたラウンドでゲーム終了となります。

最後手番プレイヤーが8枚置ききると、即ゲーム終了です。






勝利点の計算


①勝利点トークン

影響港等から得た勝利点トークンです。




②港の投資チップ

港の投資チップマジョリティです。


これらを計算して一番勝利点の多いプレイヤーが勝者となります。

同点の場合、より多くの投資チップを置いたプレイヤーが勝ちです。

それも同数の場合、資源を多く持っているプレイヤーが勝ちです。






最後に投資チップのマジョリティでの得点例です。


3枚ある緑が2点は良いとして、問題は赤青が0点って事です。

投資チップ数がタイだとその下の点数になってしまうんです!

赤青は2位タイなんでその下・・つまり無し!

このルールにより投資チップの駆け引きがかなりヒリヒリします。






赤青緑が1位タイなので2位の1点ずつになり、押し出された黄色が0点です。






ルール紹介は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回はサシプレイ記でゲームのプレイ感をお伝えしたいと思います。

では次回もお楽しみに!!






駿河屋リンク




amazonリンク






ホームに戻る