サントリーニ(SANTORINI) サシプレイ記

サントリーニ(SANTORINI) サシプレイ記 post thumbnail image


2016年

人数2〜4人

年齢8歳以上

時間20分






こんにちは。こんばんは。aです。

今回はサントリーニのサシプレイ記です。

見た目がかわいらしく、ルールも簡単、いかに詰ませるかの考え応えもあり、プレイ時間も短いと良いゲームなのですが、yが嫌うので稼働率は低いです。

詰ませるための布石を考えるのが嫌いらしいです。

そこが面白ポイントだと思いますが、好みだからしょうがないですね。






ゲームスタート


基本ゲームだと相手してくれないので、ゴッドパワー付き3本勝負で手を打ちました。

ゴッドカードはランダム引きにしました。






1本目

aのゴッド:パン

「2段差以上を降りる」という勝利条件が追加。


yのゴッド:アレス

ターンエンドに自分の動かさなかったコマに隣接するコマの乗っていないブロック(1〜3段目)を取り除くことができる。(ドームは不可)

y「パンの能力強すぎるだろ!」


ごもっともなツッコミが入りましたが、このままいきます。






序盤から早くもクライマックス感がすごいです。

左上の2段建物に乗ってしまえば後は降りるだけでパンの能力により勝利、という場面です。

2段差が付かないよう着地点に建物建てたり、コマで妨害したりと手はあるんで、さすがにまだ終わりはしないでしょう。






yは3段目を建てて登らせない、という手で潰しにきました。

おっと、これは思いつきませんでした。

やりおる!






また2段目チャンスが訪れますが、アレスの能力で破壊されました。






その後いろいろあり、なんやかんやで詰んだの図です。






1本目勝利!!

2段差降下で勝ちというプレッシャーを与え続けたので終始優勢でした。

パンは強すぎました・・・






2本目

aのゴッド:プロメテウス

移動で上に登らないのであれば、移動前後で建設が可能。


yのゴッド:ヘラ

相手は外周のマスへ移動した時に勝利することができない。


お互いにうっかりが連発しそうな能力です。

さて、どうなる?






プロメテウスの能力でバンバン建てて楽しい!!

意味があるのかよく分かりませんが、すごく楽しいです。

いずれ生きてくるでしょう!・・・たぶん。






終盤でやっと生きてきましたよ。

建てまくったおかげでyのコマを1人登れなくしてやりました。

ハーッハッハー!






その後も攻防は続き、お、チャンス到来!と思いますが・・・

外周では勝てないルールによりノーカン!

初めはなんとも思いませんでしたが、やってみるとなかなかキツい制限です。






だがしかし、yのコマを1人閉め出したことで優位に立ったことで、詰み達成!

2本目勝利!






a「一応3本目やる?」


y「やらない!!!






個人的レビュー


a 8/10点


イラストがかわいらしく建物の作りも細かくコンポートの満足度は高いです。

建物の造りが段数ごとに違っていて、それがルールとマッチしているということに感動します。

アブストラクトゲームというと素っ気無い作りの物が多いので、その点このサントリーニは高評価です。

アブストラクトとは抽象的という意味でテーマがないことが正解ですから、このサントリーニ は正確にはアブストラクトゲームではないのかもしれません。


さて、ゲームシステムとしては将棋や囲碁ほど複雑ではありませんが「詰ませるための布石を考える」ことを十分楽しめます。

高さの概念を持たせることにより盤面を立体的に使えることが斬新ですね。

色々な戦術を立てられ、駆け引きを楽しめます。

マスの数やコマの数、移動制限や勝利条件等の全てに納得がいくというか針の穴を通すような調整というか、ほんとによく考えられたルールだと思います。


アブストラクトゲーム好きの人は基本ゲームだけで遊ぶと思いますが、飽きてしまった場合やアブストラクトゲームがあまり好きではない人用に用意されたゴッドパワーも面白いです。

マイルド能力ではなく基本ルールを崩すハッチャケ能力なので全部にワクワクします。

その分バランスには目をつぶってください。

さらに全部で30種類とリプレイ性もバッチリです。


総評としてはアブストラクトゲームの優等生です。

アブストラクトゲームに苦手意識がある方にぜひ遊んでもらいたいですね。





y 3/10点

見た目かわいいけど考えるのが疲れる。






今回はこれで終わりになります。

最後までお付き合いありがとうございました!

次回もよろしくお願いします!






駿河屋リンク



amazonリンク






ホームに戻る