エバーデール(Everdell) ルール

エバーデール(Everdell) ルール post thumbnail image



2018年

人数1〜4人

年齢13歳以上

時間40〜80分





こんにちは。こんばんは。aです。

今回はエバーデールのルール紹介になります。





かんたん紹介


ゲームの目的


エバーデール谷にてプレイヤーたちは動物の群れのリーダーとなって、冬春夏秋、の1年間で新しい街を開拓します。

建物の建設とやる気あふれる動物を仲間に迎え、勝利点を1番多く獲得したプレイヤーが勝者となります。





メカニズム


建物カード動物カードをプレイしていくことで自分の街を作り、勝利点を獲得していきます。

そのカードプレイのコストになる資源を労働者コマ配置により獲得します。


つまり手札管理とワーカープレイスメントが合わさったゲームとなっています。

こう書くとアグリコラを思い出すのですがあれとはちと違っており、エバーデールではカードプレイが主役ですね。






ざっくりルール


手番でやること


①ワーカーの配置

②カードプレイ

③季節の移行(冬→春→夏→秋)


上記の3択で1アクション実行し、次プレイヤーへ手番が移ります。



基本の流れは


ワーカー配置で資源を集める

それを使いカードをプレイする

やれることがなくなったら季節の移行でワーカー回収


となります。



季節の移行自体がアクションなので、プレイヤーにより季節移行タイミングが違っているのが特徴ですね。

秋が終わりゲーム終了したプレイヤーがいる一方で、他プレイヤーはまだ夏ということも十分起こり得ます。





ボード全景


1個ずつ紹介していきます。




資材


このゲームでの資源です。

4種類ありカードプレイのコストになっています。


左から「小枝」「樹液」です。





左から「小石」「果実」です。





森の小道


資材の下に森の小道という、ワーカーを配置するアクションスペースがあります。

ここは4種類の資材を獲得できる場所となっています。



↓写真の足跡アイコンがワーカーの配置場所です。

配置場所は占有地、共有地の2種類があり下記の違いがあります。


・占有地

円が閉じており、1ワーカーしか存在できない


・共有地

円の下側が切れており、何ワーカーでも入れる



この森の小道以外でもワーカー配置場所がいくつかあります。





森カード


森の小道と同じくワーカーの配置場所ですが、効果が少し強力になっています。





セットアップでボードの左右に2枚ずつ合計4枚を置きますが、2人プレイでは3枚です。

森カードは何枚かあって毎ゲームランダムで登場します。





建物、動物カード


ボード上に8枚が常時オープンとなっていて、これとは別に各プレイヤーが手札を保有します。


プレイするカードはボード上、自分の手持ち、どちらでも可です。





建物カード


コスト

カードをプレイするのに必要なコストです。




カード種類

5種類あってそれぞれ傾向があります。




一般か特別か

「一般」「特別」の2種類あります。

カードは同じ内容が何枚かあり、自分の街に同じカードを複数枚プレイできるかどうかが下記によって変わってきます。


・一般

自分の街に同じカードを何枚もプレイできる


・特別

自分の街に同じカードは1枚だけ




勝利点

ゲーム終了時の勝利点です。




コスト無しで出せる動物カード

自分の街に◯◯の建物カードが出ていれば、△△の動物カードのプレイコストが無料、という関係が他種あります。

逆はありません。




各カードいろいろなテキスト効果があり、上写真のようにワーカーを配置して発動する効果もあります。





動物カード


建物カードと説明はほぼ同じです。

違うところは、カード左上にどの建物が有ればコスト無しになるかが書いてあります。



自分の街への建物カード、動物カードのプレイ枚数は合わせて15枚までです。





基本イベント


自分の街にプレイしてあるカード種類の枚数条件を満たすと、勝利点を獲得できます。

全4枚で毎ゲーム固定となっています。





特殊イベント


基本イベント同様に条件を満たすことで勝利点を獲得です。


違う点は下記です。

・毎ゲームランダム登場

・条件がイベントカードでいろいろ





季節の移行


季節の移行は手持ちのワーカーを全て配置していることが実行条件です。

新しい季節を迎えるとワーカーの解放とボーナスがあります。


・春、秋

緑の生産カードが発動(資材や勝利点の獲得)


・夏

広場(ボード上オープンのカード)から2枚入手





勝利点の獲得


街にプレイしたカードが生み出すものがメインで、素点以外に勝利点トークンや条件達成での加点があります。

それにイベント加点と秋だけ実行できるアクションの旅ボーナスで全てです。









ルール読んだ限りではやる事がそう難しくありませんので、すぐ馴染めると思います。

コンポーネントがかわいいしプレイ感もそこまで重くなく、万人受けしそうですね。

詳しいプレイ感はサシプレイ記にてお伝えします。





今回は以上になります。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

サシプレイ記をお楽しみに!!





amazonリンク






ホームに戻る