エバーデール(Everdell) 開封レビュー

エバーデール(Everdell) 開封レビュー post thumbnail image


2018年

人数:1~4人

年齢:13歳以上

時間:40~80分




みなさんこんにちは。こんばんは。aです。


遂に発売となりました!

エバーデール完全日本語版!!


いやー、ほんと長いこと待ちましたよ。

1年くらい待ちましたね。

英語版を買おうか悩みに悩みましたが、待ってて良かった!


まったく内容調べていなかったんですが、ワーカープレイスメントなんですね。

見た目オンリーで買っちゃいましたよ。

では早速、かわいいコンポーネントを紹介していきます。





箱裏

デザイナーは「ジェームズ・A・ウィルスン」さん。

調べると作品はこのエバーデールだけのようです。


エバーデールとは谷の名前なんですね。

あの大樹を早く組み立てたい!





ルールブック

ルールブックと大樹の組み立て方です。

永遠の樹!

内容はまだよく分かりませんが、とにかくすごい木だっていうことはビシビシ伝わってきます。





メインボード

ほら、もうかわいい。

円形のボードですよ。

ボード類はこれだけでした。





タイル類

ほぼ永遠の樹のパーツです。

数字は勝利点トークンです。





内箱

樹脂製の内箱付きです。

きっちり収納ありがたい。





コマ

はい、かわいい。

4プレイヤー分のワーカーコマです。

左からネズミ、カメ、ハリネズミ、リス、ですかね?

プレイヤーはこのうち1つを担当します。





トークン類

これもいいですねー。

左から樹液、小石、小枝、果実、です。

小枝は木製でそれ以外は樹脂製です。

果実がめっちゃ転がるので無くさないように要注意だ!


樹液はご想像通り、いつものやつです。





小カード

イベントとかの枚数少ないカード類です。





大カード

大きめのカード類です。

手札となる動物カードと建物カードです。

全部で128枚あるそうですが、同じものが複数枚入っています。

重ねるとこのくらいです。





永遠の樹

組み立て完了です。

結構大変でした。

これ毎回組み立てるの・・?

ばらさないでそのままにしておきます。





セットアップ

全部配置するとこんな感じです。

華やかですねー。


永遠の樹がいい味出してます。

確かにシステム的には全く必要ないと思いますが、そういうことではないんです。

この永遠の樹からすべてが始まっているのです。

だからいるのです。



分かってもらえたところで、最後にヨリの写真です。

ボードにトークン置き場あるのいいですよね。

まさにそこへ取りに行ってる感じが最高です。





今回はこれにて終了です。

お付き合いありがとうございました。

またの機会でルール紹介していきますので、お楽しみに!





amazonリンク





ホームに戻る