コンコルディア(CONCORDIA) サシプレイ記

コンコルディア(CONCORDIA) サシプレイ記 post thumbnail image


2013年

人数:2~5人

年齢:13歳以上

時間:100分



こんにちは。こんばんは。aです。

今回はコンコルディアのサシプレイです。

このゲーム実は私、3人プレイと4人プレイは経験済みです。

その経験から想像するとサシプレイは面白さ的に不安があります。

というのも、このゲームは多人数ゆえの抜き合いさし合いに面白さを感じた記憶があるからです。

ただ、某アメリカボドゲサイトではファン投票でサシプレイが下記のように評価されています。


最高!   と答えた人 11.7%

おすすめ  と答えた人 73.7%

やめておけ と答えた人 14.6%


これは期待していいのかな・・?




2019年11月某日。a対yのサシプレイ。


いつも通りバーン!と出します。


a「今日はこれだ!コンコルディア!」

y「あー、それね。なんか見たことがある気はする。」

a「・・・・・・・・・・・・(久しぶりすぎてほとんど覚えていない)」

y「・・んー?ほらほらー!どうしたどうしたー!いつもの説明はー!」

a「忘れてしまったんで一旦持ち帰りで・・・」

y「ほんと、しょうがないなー。そんなんじゃゲームできないよー?」


yが何も覚えていないのはいつものことですがまさか自分がなるとは・・不覚!


そういえばコンコルディアを引っ張り出すのも1年ぶりくらいです。

久しぶりだと細かい処理とかを忘れて抜けてしまうことがありますよね。

ルールが間違っていても誰も気づかなければそのまま進行してしまうのが、アナログゲームの恐ろしいところです。

という訳でルールブックを読み返してから仕切り直しました。




セットアップ


2人なのでイタリアマップを使用します。

熟練ボドゲプレイヤーはこの状態だけでいろいろ戦略をたてるんですかねー。

自分には情報量が多くて何が何やら・・・

とりあえず1ターン目で家2軒建てるぞ作戦でいきます。




2人とも1ターン目で家2軒たてるぞ作戦を完遂しました。

本当は属州またぎのyが建てたところに行きたかったんですけど、先に行かれたんでこの場所へ行きました。

レンガ、金床都市は上にもあったんでどちらにするか迷いました。

左でよかったのかな?

上に行ったほうがプレッシャーをかけられたかなー?




その後も家をつないでいき、真ん中で分断しました。

a「これでうかつに左へは来れまい!」

y「別にいいよ。右に行くから。」

分断の意味はなかったようです。




大長官カードでワイン3個ゲットの図

大長官あるとウハウハです。

大長官が自分のところに回ってくるまで長官カード使うの待っちゃいます。

そういう時に限ってなかなか回ってこないんですよねー。




1回目の護民官使用でカードを回収します。

ついでに入植者を1個解放しました。

たぶんまだ解放は早かったですね。

その麦と金床を家建設に回したほうがよかったと思います。




せっかく解放したから無理やり使ったの図




右側の陸路都市はyの家と入植者がいるので海から攻めます。




カード2枚購入しました。

入植者は欲しかったけど、外交官は必要だったか微妙です。

せっかく2枚まで買えるんで無理して買ってしまった。

金床残しといたほうがよかったかなー?

家建設にもカード購入にも物品使うので管理が大変です。




織物都市ゲットです。

織物高いんで準備が大変です!




へっへっへー、マルスカードを買い占めました。

入植者数×2(素点)×3(カード枚数)で、高得点が狙えます。




終盤にさしかかりお互い家コマが少なくなりました。

さっきのマルスカードを活かすべく、入植者の解放を急ぎます。




何とか間に合い、入植者カードで一気に解放します。




その次のターンで家を置き切りコンコルディアカードゲットです。





ゲーム終了


最終の盤面です。

2人とも家コマは置き切りました。

盤面だけでは互角な感じ。

残るはカード勝負です。




点数計算


a 164点

y 123点


カード獲得数で差がつきました。

マルスの30点差が勝因ですね。




個人的レビュー


a 4/10点

4人プレイなら9点くらいなんですけどサシとなるとやはり個人的評価は下がります。

物品の管理や家とカードを拡大させていく基本的な部分は2人でも楽しめました。

しかし都市やカードの奪い合いやカードを出すタイミング等、多くの面白ポイントが人数に依存していますので、サシプレイではこのゲームの半分ほどしか楽しめないと感じました。

2人だとカードも家コマも自由に出来すぎてしまいます。

ほとんど邪魔も入らないので達成感もメリハリもなく、のんびりした展開となりました。

コンコルディアは4人プレイをお勧めします!



y 8/10点

相手が出したカードまで気がまわって、カードもしっかり買えてたら勝ってたのに。

次はもっと上手にやりたい!って思えるゲームだから好き。




最後までご覧いただき、ありがとうございました。

次回もお楽しみに!




駿河屋リンク


amazonリンク




ホームに戻る