コンコルディア(CONCORDIA) ルール

コンコルディア(CONCORDIA) ルール post thumbnail image



かんたん紹介


2013年

人数:2~5人

年齢:13歳以上

時間:100分



こんにちは。こんばんは。aです。

今回は超有名作のコンコルディアを紹介致します。

デザイナーはご存じ、マック ゲルツさんです。

ナヴェガドールとかアンティークとか他にも有名作がいろいろあります。

渋ーいイラストの渋ーいゲームという印象です。

あと箱がでかい!


このコンコルディアも各所で評価が高く、ボドゲプレイヤーに広く浸透しているので今更説明する必要もないとは思いますが、いつも通り張り切ってルールを紹介していきたいと思います。

最後までお付き合いください。





ざっくりルール



マップ

写真では1㎜も伝わりませんが、どでかマップでテンション上がります。

箱のでかさの正体はこいつだ!!!

このイタリアマップは2~4人用です。

ちなみに裏面は3~5人用の地中海マップとなっています。

1枚で2度おいしい仕様となっております。


さて、イタリアマップに話を戻します。

縦長のかまぼこ型トークンがのっかっている場所が「都市」で、そのトークンが都市の産出物を表しています。

レンガ、麦、金床、ワイン、織物、の5種類です。

また、色ごとに分かれている地域を「属州」と呼びまして色々関係してきます。




個人ボード

これは各プレイヤーの倉庫です。

柱で区切られている1マスに1個、品物を置くことができます。

品物獲得時に倉庫がいっぱいになると超過分は受け取れません!


右側に6個置いてあるものが品物で、上部にそれぞれの貨幣価値が書いてあります。

レンガが1番安くて織物が1番高価となっています。


左側の人コマと船コマは入植者と言いまして、自分のしもべとしてマップを移動するコマです。

初期で人コマ1個、船コマ1個を使用できる状態にありますが、コマを追加するにはこの倉庫にあるコマを解放する必要があります。

見ての通り倉庫枠を圧迫しているので可能なら早く開放したいですね。




入植者と家

入植者でマップを移動し、各都市に家を建てていくことが基本になります。

家を建てると後々その都市の産出物を入手できます。

人コマは陸路移動しか、船コマは海路移動しかできません。

家コマは各プレイヤー15個支給され、これを全て建てきることがゲーム終了条件の1つになっています。

初期の入植者はマップ中心のローマからスタートです。

全ての道はローマに通ず!!!

とかなんとか言いますね。


設定が書いていないので想像ですが、商人が各都市に商館を建てて交易をするイメージだと思います。





カード

各プレイヤー同内容の初期カードセットを支給されます。

上記写真は5人分の5色あります。

このカードでゲーム内の全てのアクションを実行していきます。

「初期」カードセットと書いているように途中でより強力なカードを購入して追加していくことになります。


下記写真のように手札として持っておき、自分の手番が来たら1枚プレイして効果処理、次プレイヤーの手番、というのがゲームの流れです。

以下で初期カードの内容を説明していきます。

追加購入するカードは初期が強力になったものなので、基本的な動きは初期カードに準じます。




建築家 長官

建築家

①入植者の移動

マップ上の入植者を移動させます。

入植者が移動するのは人コマ→陸路(写真の茶色線)、船コマ→海路(写真の青線)で、都市上には乗りません。(スタート地点のローマは例外)

このように都市と都市の間を動いていきます。


解放済みの入植者数分移動でき(初期だと2歩)、各入植者で分割可となっています。

他プレイヤーの入植者を跳び越すことはできますが、同じ位置に止まることはできません。


②家の建設

移動後、自分の全入植者が隣接している都市に家を建設できます。

コストさえあれば一気に2個、3個と建てられるだけ建てられます。

コストはその都市が何を産出するかによって異なります。


他プレイヤーが既に家を建てている都市へ自分の家を建てる場合、お金のコストが余分にかかります。

1軒あるところにはお金×2、2軒あるところにはお金×3、となります。

各都市に自分の家コマは1軒までしか建てられません。



長官

以下のA、Bのどちらか一方を実行します。


A物品の受け取り

①属州の選択

ボード左上にある属州を1個選びその物品を受け取り、属州タイルを裏返して非活性状態とします。

写真のヴェネチアを選んだ場合は織物が1個もらえます。



②選択した属州での産出

①で選択した同じ属州で家コマを置いているプレイヤーは、その都市の産出物を受け取ります。

写真では家コマがありませんが、ここに置いてあれば産出物を得られます。

手番プレイヤーだけでなく、家コマがある全プレイヤーが受け取ります。


この大長官カードをもっていると、①時に産出物が通常1個のところ2個もらえます。

1回使うと右隣りのプレイヤーに渡します。

1ゲーム内で何度もぐるぐる回ってきます。



Bお金の受け取り

非活性状態の属州タイルには1~2金のお金が書かれています。

現時点で非活性状態のタイル全てのお金を受け取り、属州タイルを全て表向きにします。




商人 元老院議員

商人

①3金受け取る


②銀行相手に2種類の物品を売買する

売り、買い、両方合計で2種類になります。

つまり、織物を売ってレンガを買う、これで2種類になります。

買いだけ2種類、売りだけ2種類でも大丈夫です。

2種類であれば数に制限はありません。(倉庫に入るのであれば)




元老院議員

ボード右上にあるカード売り場からカードを2枚まで購入できます。


コストはカード自体に書かれている物品と、カードの位置により追加で必要になる場合があります。


先にも述べたように初期カードより強力ですし、このゲームはカード自体が勝利点の源になりますので、カード購入は重要です。どれだけ各都市に家を建てようがカードを集めなければ勝利することはできません。




外交官 護民官

外交官

他プレイヤーの1番上の捨て札をコピーします。

建築家さっき使っちゃったけどまた使いたい!って時とかに他プレイヤーの捨て札1番上にあればコピーできます。

これは初期カードだけでなく購入したカードもコピーできるので、他プレイヤーが強力なカードを使った直後に外交官を出せば自分も使えちゃいます!

逆に自分が強カードを使うときはコピーされないよう、要注意だ!



護民官

①捨て札を回収し、枚数を数え3枚を超えるごとに1金を受け取る

護民官は今まで使った自分のカードを回収するものです。

1手番使うしもらえるお金が増えるのでなるべくたくさん出してから回収したいけど、強いカードが増えてくるとそれの回転率を高めいたい、と出すタイミングが難しいカードです。


②入植者の解放

麦と金床を1個ずつ支払えば、倉庫の入植者を1個解放できます。

護民官での解放は1回につき1個だけですが、写真左の入植者(購入カード)であれば支払えるだけ一気に解放できます。




以上が基本的なカードの説明です。

これらを使って家を建て、物品やお金を手に入れ、カードを購入する、ということを繰り返します。




終了条件


①1人のプレイヤーが家コマを15個建てきる

②購入カードがすべて売り切れる


上記のどちらかが終了トリガーです。

終了トリガーを引いたプレイヤーは7点がついたコンコルディアカードを受け取り、それ以外のプレイヤーが1手番ずつ行ってゲーム終了です。




点数計算


初期カード、購入カード共に、下部へ神様の名前が書かれており、その種類ごとに点数計算が異なります。

達成した数×その種類の素点×カード枚数=点数 となります。

上から順にみていきます。

ウェスタ

残った物品をお金に換算し、10金ごとに1点。


ユピテル

レンガ都市以外に建てた家の数×1点


サトゥルヌス

自分の家が1個でも置いてある属州の数×1点


メルクリウス

5種類の物品のうち、自分が家を建てている種類の数×2点


マルス

解放済み入植者の数(初期分含む)×2点


ミネルウァ

カードに書かれた物品都市に置いた家の数×3点



これらに所持している各種類のカード枚数が掛かります。


オレンジ色のマルスを例にします。

入植者を5個解放済みでマルスのカードを3枚所持していたとすると

5×2×3=30点 となります。 


これを全て計算し、勝利点が1番多いプレイヤーが勝者となります。


全部のカードを確保することはできませんのでどのカードを確保すれば点数を稼げるのか、盤面を見ながら先を読むやりごたえ十分の重量級ゲームになっています。


今回は以上になります。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

次回もお楽しみに!!




駿河屋リンク


amazonリンク



ホームに戻る