グランド オーストリア ホテル(GRAND AUSTRIA HOTEL) サシプレイ記

グランド オーストリア ホテル(GRAND AUSTRIA HOTEL) サシプレイ記 post thumbnail image



2019年11月某日、a対yのサシプレイ。

私はこのゲームが好きで定期的にやりたくなるのです。

ボドゲ置き場から今日はこれだ!バーン!と出したところ

y「それ負けるからいやなんだよねー」

a「負けても楽しければいいでしょうよ」

y「負けると楽しくない」

a「・・・・前回やった時yが勝ったよ」(うな気がする)

y「よし、やろう」

レディー、ファイッ!!




セットアップ


何はともあれ、まずは早取りのポリティクスカードを確認です。

A:皇帝トラック10

B:宿泊6グループ

C:各色3部屋宿泊

AとCはなんとかするとして、Bが達成できるのか不安。




さて次は皇帝タイルの確認です。

3,5,7ラウンド終了時に決算となります。

A:ボーナス→+3金 ペナルティ→-3金or-5点

B:ボーナス→+5金 ペナルティ→-5金or-7点

C: ボーナス→スタッフカードを1枚無料でプレイ ペナルティ→プレイ済みの最終勝利点タイプのスタッフ1枚除去or-10点


A,Bはオーソドックスなやつです。

-5金されたら立ち上がれませんけどね!

Cは最終だけあってボーナス、ペナルティともに破格です。

今回はポリティクスカードでも皇帝トラックがあったのでまずは上げる方向で進みます。

皇帝に媚びて媚びて、媚びまくってやるぜ!




次に手札のスタッフを確認です。

yがめんどくさいと言うからルール上で強制じゃない限り、我が家ではどのボドゲでもドラフトを行いません。

なのでこれも運全開、配られっぱなしの状態です。

紫の後光を放っているのは私の大好きなオールマイティーガールです。

・オールマイティーのサイコロ出目6を使う際のコスト1金がいらない

・6使用時にサイコロが1個多いものとしてアクション出来る

しかもコスト3金というオマケ付きです。

安い!強い!オールマイティーガール!

他5人は後光によりかすんでしまったので省略です。




最後にホテルボードです。

今回は共通面を使うことにしました。

赤4部屋の10金は急ぎもらいたいところですが、今回は皇帝トラックを早めに上げる必要があるので先に黄部屋を埋める予定です。




第1ラウンド


サイコロ目はこんな感じ。



まずはこのゲストを取りました。

なぜかというと皇帝トラックのボーナス狙いです。




アクションは5のスタッフ雇用。

出したのはもちろんこの人!

オール マイティー ガール!




2アクション目でさっそく6を無料で、3個を+1で4個として使い飲食物をゲット。そのままそれを使いオーダーをクリア、ゲストを黄色部屋へシュートしました。


y「そいつ強すぎる!反則だ!」

お褒めのお言葉をいただいたところで第1ラウンド終了です。




第2ラウンド


出目はこうです。

オールマイティーガールの出番はなさそうですね。



せっかく5が多いのでスタッフを1枚追加です。

出したのはこの人!

宿泊させると1金くれるおじさん!

ちりも積もれば何とやら。

じんわり効いてくるいぶし銀な能力です。




さて、そんなこんなで当初の予定通り黄3部屋を完成させました。




これにより皇帝トラックが6アップです。

先のゲスト効果で現状8となっています。

ここまでくれば皇帝スコアリングは一安心です。

が、皇帝トラック10の早取りがあるので気は抜けません。




yのターンでスタッフの雇用。

出てきたのはこちらです。

即時1回効果でなんと2部屋宿泊済みにできる!

それにより同じく黄3部屋完成し、一気に皇帝トラックを追い上げてきました。


まずい、早く後2上げたいけどすぐ上げられそうな要素がありません。

間に合うか?



第3ラウンド


出目はこんな感じ。

部屋を作る3のダイスが少ない!

6も1個だけだし部屋を思うように増やせない状況が続きます。

そんなところへ救世主が現れました。



2部屋プレゼントしてくれるゲストです!

こいつをしっかり確保して部屋作りに精を出します。




そんなことをしているうちに第3ラウンドが終わり続いて皇帝スコアリングです。

8あった皇帝トラックが5まで下がってしまいました。

10までが遠い・・・・・




第4ラウンド


出目はこうです。

うーん、ばらけたなー。

ばらけたら選択肢は増えるんですけど効果が小さくなってしまうのでイマイチです。

こんな時はパスをしてサイコロ1個をごみ箱へ捨てれば振り直しができます。



おー、1がいっぱい。

これは1のやりがいがあります。

茶コマ、白コマを大量にゲットしてオーダーをこなし、ゲストを部屋へ放り込みます。

第4ラウンド終了時の我がホテルです。

早めに赤4部屋グループを作り10金を手に入れ、その後一気に高得点の3,4階に部屋を乱立して細かなグループ作る。

で、あわよくば早取りの6グループを狙うといったところです。

yのホテル。

狙いは一緒のようです。

ホテルボードは共通面を使ったのでそりゃそうなりますね。




第5ラウンド


出目はこうです。

5にかたよったのでスタッフを出します。



じゃーん!ゲスト持ってくるときに無料にしてくれる人!

欲しいゲストを安くなるまで我慢しなくて済みます。




その後↓の青ゲストを放り込み、まず1金安くスタッフを出します。

それと皇帝トラックが3上がり・・



ついに皇帝トラック10を達成しました。

いやー、3ラウンドで済ませるつもりが5ラウンドかかってしまいました。

苦労した分うれしさ倍増です。




第6ラウンド


出目はこうです。

これはあいつの出番ですね。

a「唸れ!オールマイティーガール!」

y「ずるいぞ!詐欺だ!」




オールマイティーガールのおかげで赤4グループ達成で10金ゲット!

お金トラック限界の20金で金庫もパンパンです。




そうこうしてると超強力ゲストが出てきました。

見た目がすごく危ないですが効果はさらに危ないです。

なんと14手番しかないこのゲームで1手番追加できるのです!!

是が非でも入手しなければなりません。

上の方で出した ゲスト持ってくるときに無料にしてくれる人 を使ってするっと確保しました。


y「せこいぞ!」




ここまで順調に事を進めています。

多少のズレはありましたが大体予定通りです。

一方yはダイス目に嫌われ苦しそうです。

振り直しのごみ箱がパンパンで負のスパイラルに突入しています。

そっとしておいて仕上げの準備に取り掛かります。




第7ラウンド(最終)


いろいろ写真撮り忘れましたが、無事ポリティクスカードは3種類とも達成し、皇帝スコアリングでもボーナスを獲得できました。

そんなこんなで我がホテルの最終状態がこちら。

4階に4部屋宿泊できたのは大きかったです。

オールマイティーガールを使ったのは結局2回だけでした。

反則だの詐欺だの言われた割にはあまり活躍しませんでした。

いい仕事してくれたのは下記の3人でした。

・宿泊ごとに1金くれる人

・ゲストを無料で持ってこれる人

・ダイス目1か2のアクション時に部屋1個作れる人




最終得点はこちら!

a 199点

y 49点



今回は全体的に自分へ有利に事が運びすぎていたと思います。

次やってもこうはいかないと思います。



y「くやしい、もう1回!」

a「よかろう・・かかってきなさい!」

と再戦することになり、2戦目の結果が下記です。

a 89点

y 138点


途中でお金を切らしてしまい、部屋代3金確保のために3手番ほど使ってしまいました。

非常に苦しかったです。

何とかなるかと軽い気持ちで持ち金を全部使ったのが間違いでした。

お金は大事ですよ!




個人的レビュー



a 9/10点

私はルチアーニさんのゲーム全般好きなんですが先を見据えた戦略を要求されるのでなかなか上手くできず苦手です。

その点このグランドオーストリアホテルはルチアーニ作品の中では運の要素が強く、サイコロの目やスタッフ、ゲストカードに一喜一憂できるので個人的にはこれくらいの方が好みです。

逆に運要素を嫌う方には合わないと思います。

目標もランダムで変わるので何度も遊べるいいゲームです。

プレイヤー同士の絡み要素があまりないためか、2人プレイでも4人プレイでも楽しさは同じです。

日本語版が発売されていないのがネックですがカード含めコンポーネントに言語依存はありません。

ルールとカード効果さえ把握できればゲーム中に困ることはありません。

機会があれば、ぜひ一度遊んでもらいたいゲームです。



y 4/10点

スタッフカードのせいで負けた!

疲れた!




最後までご覧頂き、ありがとうございました。

次回もお楽しみに!




アメリカamazonリンク




ホームへ戻る