世界の七不思議 デュエル(7WondersDuel)サシプレイ記

世界の七不思議 デュエル(7WondersDuel)サシプレイ記 post thumbnail image



2019年10月某日、a対yのサシプレイ。

セットアップ後です。

実はこれは同日の2戦目で、1戦目はサクッとyが科学的優位で勝ちました。

なんか納得がいかず再戦を申し込むことになりました。

y「またやるの?最近調子良いからまた勝つよ?」

a「・・・そうですね」

負けられない戦いがここにあるとかないとか・・・・・


レディー、ファイッ!!


さーて、どうしてやろうか?

まず選んだ4枚の七不思議はこちらです。

上から順に

マウソロス霊廟:捨て札から1枚選んで無料建造する(ゾンビ!)。勝利点2。

大灯台:手番ごとに生み出す資源を1個選択できる(便利!)。勝利点4。

ゼウス像:相手の建造した茶色カード1枚を破棄(ひどい!)。盾アイコン1個。勝利点3。

アルテミス神殿:12コイン。即座にもう1手番。


コストで紙(ベージュのやつ)めっちゃたくさん必要!

建てられるか心配になってきた…


次に今回の進歩トークンを確認します。

なるほどなるほど、こいつを取ってゼウス像を建て、マウソロス霊廟を建て、捨て札から盾アイコン多めのカードを拾って、軍事トラックを押し込む、と。

ちーん!見えた、見えたぞ!勝利への道が!

こいつ:赤カード建造時に追加で盾アイコン1個をゲット。(七不思議はだめ)

方向性は決まったのでまずは資源系を取りつつ緑カードで科学シンボルのペアを狙います。

と思ったらyも緑カードを取って行くので思ったようにペアができません。

結果、お互い満遍なくカードを取りⅠ世代が終了です。


↓Ⅰ世代終了時のmy都市



Ⅱ世代開始時です。

両角奥に1枚確保済みの乳鉢と三角(これなんだろう?)が出ました。

どちらかは押さえて進歩トークンをゲットと行きます。

さて、手番が進みあることに気づきます。

あれ?yが中央の青カードを避けている?なんで?

あ、yが羽ペン1枚持ってる・・・・

まさか、アレを狙っているのか?

まー、1ペアくらいとられてもいいか。

yは軍事を避ける傾向にあるし例のやつは取られないでしょう…





数手番後、無事羽ペンは取られました。

いいんですよ。

ここまでは想定内です。

ペアを作ったのでyによる進歩トークンの選択です。

y「んーー、どうしよっかーなー?」

あれ・・?なんだ・・?つまんない小芝居が始まったぞ・・・・

そういえばⅠ世代から取っていくカードがかぶっていたし、もしや最初から狙いが一緒だったのか?

急に胸騒ぎを覚えたが時すでに遅し。



「やつ」を取られてしまった。

こいつはマズイ!計画丸つぶれだ!

落ち着け!冷静に、だが迅速に対応策を考えなければ。


ふわふわふわふわしている間に七不思議を建てられてしまった!

しかも連続手番効果で一気に3件建てられました。

なんだ?いったい何が起こっているんだ・・・・

ふわふわしてる間にⅡ世代が終了です。



↓Ⅱ世代終了時のmy都市

よし、落ち着いて状況の整理だ。

軍事では圧倒的に負けているが勝利点では勝っている。

赤カードをできるだけブロックして勝利点勝負へ持ち込むしかない。

ここが勝負どころだ!



Ⅲ世代開始時です。

ここまでくるとカード効果も強力になり軍事力で押されている我が文明は1手のミスが命取りです。



予定通り赤カードをブロックして勝利点を積み重ねていきますがyの盾アイコン+1効果でジリジリと押されていきます。

まずい!

あと3マス!

だが勝利点は勝ってる。

耐えれば勝ちだ。

がんばれ!

耐えるんだ!






数手番後、俺のターンです。

チーン

詰みました…



盾3を取られ、我が首都が陥落しました…


y「ね?だから勝つって言ったじゃん」

a「・・・そうですね」





個人的レビュー



a 8/10点

純粋に面白いです。

この短時間で様々な駆け引きを楽しめるのはすごいと思いますし、毎ゲーム登場する七不思議と進歩トークンが違うので色々試したくなります。

ただ、短時間で終わるがゆえに個人的には物足りなくもあります。

短時間でサクッと楽しみたいときにお勧めです。


y 10/10点

勝つから!




最後までご覧頂きありがとうございました。

秋は新作ゲームが多数出ますのでそれらの紹介もしていこうと思います。

次回もお楽しみに!



楽天リンク





ホームへ戻る