世界の七不思議 デュエル(7WondersDuel)ルール

世界の七不思議 デュエル(7WondersDuel)ルール post thumbnail image

2015年

人数:2人専用

年齢:10歳以上

時間:30分


記念すべき初紹介は「世界の七不思議 デュエル」です!

各所で名高いキングオブサシゲーで(諸説あります)我が家での稼働率も高いです。


やることは簡単でⅠ、Ⅱ、Ⅲの各時代で順番に場のカードを取っていくだけ。

ただし、相手がいますので自分が有利になるように事を運ばなければなりません。

どのカードを取りどう使うのか、あちらを立てればこちらが立たずで1手1手が非常に悩ましく相手との駆け引きが楽しめます。

更に勝利方法が3種類あり一直線で1つに向かうか、相手の様子を見つつ満遍なく進めていくか、戦略を持つ必要もあります。

そして最後に30分で終わるというオマケつきでボドゲ熟練者にもボドゲ初心者にも安心してお勧めできる優等生!



ざっくりルール

セットアップするとこんな感じです。



手番でやること


1.場からカード(建造物)を1枚取る

このカードの取り方が非常にユニークです。

他のカードに隠れていないカードのみ「利用可能」となり取ることができます。

説明下手で伝わってないと思いますので下の絵をご覧ください。

最初は1〜6が取れます。

1と2がなくなれば7が取れます。

2と3がなくなれば8が取れます。

7と8がなくなれば9が取れます。

利用可能であれば必ずしも最下段から取る必要はありません。

つまりこのようになっていきます。


次にカード(建造物)の種類です。

茶色と灰色のカードは資源系で永続的に各種資源を生み出します。

各カードには建設コストが設定されています。

上のカードはそれぞれ1コインですが、各種資源がこの建設コストとして必要になります。


赤のカードは軍事力を上昇させ、緑のカードは科学シンボルを得ることができ、後述の勝利条件に直結しています。

あと、緑カードは科学シンボルのペアを集めると進歩トークンを獲得できて各種利益を得ることができます。

↓進歩トークン


黄色カードは商業系で主にお金で有利になります。

青はボードゲーマーにはおなじみのアイコンで勝利点をもたらします。


最後に紫カードは各種ギルドです。

これらは自分相手含めた建造物と七不思議、コインの数によってコインや勝利点が獲得できます。


2.カードをプレイする

取ったカードを以下の3択でプレイします。


①建造

建造コストを支払い自分の前(都市)に置き、各種恩恵を受けます。


②捨て札にしてコインを獲得

カードを捨てることにより2コイン+建造済みの黄色カード1枚につき1コインを得ます。

黄色カードは主にここで活きてきます。


③七不思議の建造

建造コストを支払い、カードを七不思議カードの下へ差し込み、そのカード効果を得ます。

このゲームのメインですね!

やっと出てきました。

上記のような七不思議カードを各自4枚持った状態でゲーム開始となります。

通常の建造物よりコストは重いですがその分効果もビッグです。

ちなみに相手自分含め全8枚の七不思議から7枚しか建造できません。

なぜかって?

それはそう、七不思議だから。

8枚建てたら八不思議になっちゃうでしょ!

ボードゲーマー大好物の早取りになっています。

先に相手に4枚建てられると自分の1枚は捨てるハメになってしまいます。

悲しすぎる。


交互にカードを取りプレイし、場のカードがなくなるとⅠ世代終わりでこれをⅢ世代まで繰り返します。



勝利条件とゲームの終了


勝利条件


①軍事的優位

赤カードや七不思議にある盾アイコン1つ獲得するごとに1マス相手側へ紛争コマを押し込みます。

紛争コマを相手の首都(一番奥)まで押し込んだら勝利で即ゲーム終了となります。


②科学的優位

進歩トークン含め全7種類の科学シンボルのうち、6種類を集めると勝利で即ゲーム終了となります。


③市民勝利

Ⅲ世代終了 (場のカードが全てなくなる )までどちらのプレイヤーも軍事的、科学的優位により勝利しなかった場合に、より多くの勝利点を獲得したプレイヤーが勝利となります。


建造物や七不思議をたくさん建てて優れた都市を作り出し、相手文明を軍事的、科学的、文化的にぶっ潰してやるぜ!という訳です。


最後までご覧頂き、ありがとうございました。

次回、サシプレイ記を投稿します。

お楽しみに。





楽天リンク





ホームへ戻る